グーグルが建設する海に浮かぶビルの正体

海上に浮かぶビルの目的は?

オークランドとサンフランシスコを結ぶベイブリッジの間にある人工島トレジャーアイランドに今、不思議な艀が接岸している。グーグルが巨大な4階建てのビルを建築しているのだ。

突如出現したこのビルに関し、米メディアが10月から報道合戦を繰り広げている。はたしてこの高さ15メートル、長さ76メートルの水上建築物は、グーグルが特許を持つ水に浮かぶデータセンターなのか、あるいはグーグルグラスを売るための巨大店舗になるのか。それとも、話題作りのためパーティ会場なのだろうか。

騒ぎを受けて、グーグルの広報部は11月6日、トレジャーアイランドでの建設プロジェクトに関し、「人々が双方向で新しい技術を学べる場所にする」とニュースリリースを発表した。

しかし、グーグルは使用目的を具体的には述べていない。グーグルはカリフォルニア州サンフランシスコ湾保全開発委員会に何度も足を運んで認可要請をしているというが、詳細は明らかにしていない。まだ建築の初期段階であり使用目的は変更の可能性がある、とニュースリリースは結んでいる。

グーグルは同時に、東海岸のメーン州ポートランドでも同様のビルを作っていると発表した。メーン州に浮かぶ同じ4階建ての艀はもともと、コネティカット州ニューロンドンで建設されていたが、7月にメーン州に船で移動されたという。

次ページ建築業に進出?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT