打倒アマゾンの新勢力、ファンシーに熱視線

セレブ御用達のソーシャルコマースが日本にも上陸

「検索して買い物をするのではなく、百貨店の売り場を歩くような買い物体験を取り戻す」──そんなコンセプトで急伸している通販サイトがある。世界に1000万人以上の会員を擁する米ファンシー・コムだ。

有名投資家、経営者が出資

ファッションモデルなどのセレブだけでなく、ツイッターの共同創業者ジャック・ドーシーなどのビジネスリーダーも利用。その可能性を信じて出資する投資家、経営者も多い。ドーシーやフェイスブック共同創業者のクリス・ヒューズは投資済み。この夏は俳優のウィル・スミス、アメリカン・エキスプレスなどから5300万ドルを調達した。グッチなどを傘下に持つフランスの億万長者フランソワ・ピノーも株主であると同時に取締役だ。ドーシーも取締役になった。

なぜ著名な投資家、経営者を引き付けるのか。ファンシーは2012年に30歳になったジョゼフ・アインホーンと弟のジャックが09年6月に始めた通販サイト。写真主体で高級な商材を紹介し、「ソーシャルコマース」というジャンルを切り開いた。

次ページ福袋のようなサービスも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。