オトク度アップ、「auスマートパス」の新戦略

高級レストランが55%引き。キーワードは「ラッキー」

10月24日、KDDIの高橋誠専務(写真右から2人目)は都内の発表会で「auスマートパス」のサービス拡充を明らかにした

サービス開始から1年半で会員数は800万を突破、順調に会員獲得が進むKDDIの「auスマートパス」。アプリや独自コンテンツが使い放題となる同サービスは、多くのユーザーに支持されているが、年度内に会員数1000万を達成すべく、KDDIは次の一手を打ち出した。

スマートパスは月額390円で、ゲームなどのアプリや各種ウェブコンテンツが使い放題となるサービス。そのほかにも、限定クーポンが配布されたり、iPhoneの修理代金が実質無料になる補償サービスを追加するなど、スマホ時代における中核サービスとして成長してきた。

ユーザー特典を拡充

今回発表したのはユーザー特典の拡充だ。コンビニスイーツの無料お試し券やファストフード、カフェの特別割引などを実施してきたが、こうした日常的なクーポンを大幅に拡充することに加えて、プレミアム感のある特典を加えていくという。

都内で発表会に臨んだKDDIの高橋誠専務は、「毎月ユーザーの方から頂いている390円の原資を使って、どんどん“ラッキー”を還元していきます」と宣言した。

次ページ提携する会社は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。