13万人集結「ドリームフォース人気」のナゼ

10年で参加者は100倍以上に。その秘密は?

左はドロップボックスのドリュー・ヒューストンCEO。右がセールスフォースのマーク・ベニオフCEO

13万人が参加登録する、セールスフォース・ドットコム主催のクラウドコンピューティング・イベント「ドリームフォース2013」が11月18日から4日間、開催される。

サンフランシスコのモスコーニ・センターでの同イベントには、クラウド専門家等によるセッションが1250以上あり、協賛企業の製品展示も行われる。

モバイル用の新プラットフォームを発表

開催初日、セールスフォースはモバイル用の新プラットフォーム「セールスフォース1」を発表した。オンラインストレージサービスのDropbox(ドロップボックス)、ビジネス向けソーシャルネットワークのLinkedIn(リンクドイン)、ウェッブ上のドキュメント管理のEvernote(エバーノート)などのアプリケーションがセールスフォース1上で簡単に使えるという。

しかし、発表内容自体は専門的。しかも地味なものだ。セールスフォースはクラウドコンピューティングのサービスプラットフォーム企業としては最大手ではあるものの、知名度はアップル、マイクロソフト、オラクル、グーグルなどと比べると劣る。年商規模もおよそ30億ドルで、巨大企業というわけではない

そのイベントに13万人が集まる。参加人数は、9月に同じサンフランシスコで開催されたオラクル(年商370億ドル)主催の「オラクルオープンワールド」の6万人を大幅に上回っている。いったい人気の秘密はどこにあるのだろうか。

次ページCEOがホスト役
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。