13万人集結「ドリームフォース人気」のナゼ

10年で参加者は100倍以上に。その秘密は?

左はドロップボックスのドリュー・ヒューストンCEO。右がセールスフォースのマーク・ベニオフCEO

13万人が参加登録する、セールスフォース・ドットコム主催のクラウドコンピューティング・イベント「ドリームフォース2013」が11月18日から4日間、開催される。

サンフランシスコのモスコーニ・センターでの同イベントには、クラウド専門家等によるセッションが1250以上あり、協賛企業の製品展示も行われる。

モバイル用の新プラットフォームを発表

開催初日、セールスフォースはモバイル用の新プラットフォーム「セールスフォース1」を発表した。オンラインストレージサービスのDropbox(ドロップボックス)、ビジネス向けソーシャルネットワークのLinkedIn(リンクドイン)、ウェッブ上のドキュメント管理のEvernote(エバーノート)などのアプリケーションがセールスフォース1上で簡単に使えるという。

しかし、発表内容自体は専門的。しかも地味なものだ。セールスフォースはクラウドコンピューティングのサービスプラットフォーム企業としては最大手ではあるものの、知名度はアップル、マイクロソフト、オラクル、グーグルなどと比べると劣る。年商規模もおよそ30億ドルで、巨大企業というわけではない

そのイベントに13万人が集まる。参加人数は、9月に同じサンフランシスコで開催されたオラクル(年商370億ドル)主催の「オラクルオープンワールド」の6万人を大幅に上回っている。いったい人気の秘密はどこにあるのだろうか。

次ページCEOがホスト役
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT