8割が頼まれ仕事、それがおもしろい

小澤隆生×瀧本哲史 対談(上)

瀧本:ぜひ聞きたかったのですが、ヤフーと楽天、文化や組織の違いはどういうところですか。

小澤隆生(おざわ たかお)●早稲田大学卒業後、CSK入社。1999年にビズシークを創業。2年後に楽天に売却。ビズシークの吸収合併により楽天に入社し、役員としてオークションを担当する。その後、楽天野球団取締役事業本部長に。2006年に楽天を退社し小澤総合研究所を設立(現任)、ベンチャーへの投資やコンサル業務を行う。2011年に設立したクロコスを2012 年にヤフーに売却し、グループの一員に。 2013年7月、ヤフー執行役員ショッピングカンパニー長に就任。YJキャピタルの設立にも携わり、2014年4月に代表取締役就任。

小澤:ヤフーは元のサービスが米国にある会社、それに対し、楽天はゼロからつくらなければいけない会社。そこに大きな差があるということだと思います。あとは楽天は強いオーナーがいる会社。それに対し、宮坂(学・ヤフー社長)は別にオーナーではないですよね。孫(正義ソフトバンク社長、ヤフー会長)さんという実質のオーナーがいて、その下で預かっている。これもガバナンスなり経営のスタイルとして大いに違う。両方に、それぞれいいところがあると思います。

文化ということでは、中にいる人間のマインドセットも違います。「起業家精神はどちらが旺盛か?」といわれれば、楽天にいる方々のほうが明らかに旺盛だと思います。ヤフーはどちらかといえばローカライズ中心にやってきた部分がある。今は相当変わったと思いますけども、以前はそうだったので、そういう文化はどうしても感じますね。

瀧本:ヤフーにおける起業家精神というのは、小澤さんがいらっしゃってからは変わってきましたか。

小澤:僕がどうの、というよりも、経営陣が変わってから一定の変化はあったと思います。そもそも起業したいと思って、ヤフーに来た方はそうは多くない。ただ、今はものすごい変化の時なので、単純にいわゆる自分の会社を持ちたいっていうものではなく、「変化を自分で生み出す!」とか、「新しいサービスを自分の手でつくり出すんだ!」という気持ちはすごく強くなっているように思います。

ヤフーのブランド戦略とは?

瀧本:個別のサービスの良し悪しというところもあると思いますが、サービスというのはほとんど特許で守られるものではないので、マネをすることができる。すると、最終的にブランド選択みたいになってくると思っているんです。その点でヤフーのブランド戦略に興味があります。

小澤:現在ということで言えば、ヤフーは日本国民の最も多くの方が触れているインターネットサービスです。PCからスマートフォン、タブレットへとユーザーが急速に移っていく環境下において、今の立ち位置を継続したいというのは経営陣およびヤフーの関係者は全員思っています。

ただ、これまではデバイスが分散していたのに対し、アップルという非常に統合されたハードウェアから垂直統合していくビジネスモデルであったり、グーグルさんがアンドロイドというOSを立ち上げたり、皆さん、下のレイアーにどんどん入ってきている。その中で、他社のプラットホーム、デバイス上でサービスを提供しているヤフーはものすごい危機感があると思うんですね。では、ハードウェアを作るとか、OS作るところまで踏み切るのかといえば、このタイミングではできないと思いますけども、いずれにしろそういう競争になってきている。我々が目的としている、生活のあらゆるシーンにおいてヤフーが想起される、もしくは利用されなきゃならないという点では、大きな変革のところにきています。

次ページ自分の会社を経営するほうが自由では?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT