8割が頼まれ仕事、それがおもしろい

小澤隆生×瀧本哲史 対談(上)

瀧本:そういう意味ではヤフーはすごいスピードでシフトしていますね。スマホのアプリは、今までおまけのようなものだったのに急激に良くなってきている。こうした分野で、ヤフーは相当いい人材を採っているとも聞きます。会社の中にいろんな人が集まってきていて、モノカルチャーではないイメージが出てきたようにも思います。そうした中で、小澤さんは執行役員という立場ですけど、ある種、窮屈に感じられたりすることってないんですか。執行するよりも、自ら出資した企業を経営するほうが自由なのではないか、と感じないですか。

小澤:株主と事業執行する側、どっちが楽かと言ったら、株主に決まっています。株主であれば何を言っても反論されないですからね。もちろん反論はされないけれども、オーナーシップ持ってやっている会社ではない限りは、無視される可能性がかなり高いですけれども(笑)。

ただ、どっちがおもしろいかといえば、自分で執行できるほうが、おもしろみは抜群にあるわけですよ。仮説を立てて、それに対して合っているか間違っているか、というのは、僕の究極に好きな作業ですから。それをものすごい規模で、しかもヤフーという大きなリソースを持つ大きなサービスにおいて、バーッと効率的にやれるわけです。これはすごく楽しいですよ。もちろん大変ですけど、窮屈というのはちょっと違いますね。

ゲームをやっているみたいな仕事は、楽しい

瀧本:8割くらいが頼まれベースのお仕事と冒頭におっしゃっていましたが、実はその部分が好きということですか。

小澤:目的を与えられることが多いんですね。プロ野球チームを立ち上げなさいとか、ショッピングをどうにかしてくれ、とか。その目的を達成するための手段を30種類くらい考えて、優先順位をつけて、上から4つ目と7つ目と9つ目と15個目が当たったので、さらにこれにレバレッジかけるにはどうしたらいいか、みたいにやっていくのが、ものすごく好きですね。

チームをつくって戦略を実行して、というシュミレーションゲームを実際にやっているみたいな仕事は、本当に楽しい。もちろん実際のお金とユーザーが絡むので、ゲーム的というとちょっと無責任かもしれませんけども、僕にとっては知的好奇心が満たされる、極めて大好きな作業です。

次ページヤフー・ショッピングの戦略とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT