1ドル110円以上の円安時代は来るのか

「膠着状態」抜け出したドル円相場の次に見えるもの

実は、ドル円が、この均衡値と同じだった状況は、リーマンショックの1年前の2007年にも起きていた。つまり2007年半ばにドル円は120円前後で推移したが、現在の100円台ひとケタ後半から110円前後のドル円というレートであれば、2007年時と同様、日本の輸出企業の国際的価格競争力が戻っていることを意味する。

1ドル110円以上の円安は実現するか

2007年当時は、製造業の工場の国内回帰が進んだが、2014年の後半以降も現在のドル円が続くなら、今後は同様に、国内回帰の動きがいずれ出てくるということである。

メディアでは「2007年当時は円安バブルだった」、などの見方が根強いようだ。だが冷静にみれば、当時も、購買力平価が示す均衡値にドル円が落ち着いただけだったのだ。日本の有力企業が一定の価格競争力を保っていた為替水準だったわけで、「円安バブル」とは言い難い。この均衡水準に、自国通貨が一定期間落ち着くことを通じて、日本の輸出企業の価格競争力は本当に高まるのだが、実際には2007年は、日本銀行が性急に利上げを続けたこともあり、均衡水準のドル円相場は長続きしなかった。

昨年のアベノミクス発動で、ドル円は再び購買力平価が示す均衡値まで戻り、そして9月になってからは、この水準よりも円安方向に動き始めた。

こうした円安は、日本銀行よりも先に米FRBが政策金利引き上げに動く環境では、十分説明できる。1ドル110円を突破してさらに円安が進むかどうかは、2015年にFRBの利上げがスムーズに始まるかどうか次第だろう。そうした中では、日本銀行が2015年に量的緩和を継続するだけで、円安が続きうることになる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT