1ドル110円以上の円安時代は来るのか

「膠着状態」抜け出したドル円相場の次に見えるもの

これ以上の円安はあるのか(ロイター/アフロ)

筆者は、8月4日のコラム「ドル円相場は『緊張の夏』を迎えている」で、「日米両国の金融政策の方向性の格差がドル高円安をもたらす」というストーリーが復活すると述べた。その後8月半ばまでは、ドル円相場は102円前後で推移、方向感は定まらなかった。このため市場関係者の中には、「米国の実質金利低下が続くので、円高圧力が今後高まる」などと予想する声が多かった。

こうした中、8月25日のコラム「いよいよ、『一段のドル高円安』がやって来る」でも、「米国の金利低下が止まり、ドル円相場が膠着状態を抜け出す」との見方を変えず、筆者の見解を執筆した。そして、実際に、8月下旬からドル円相場の膠着相場が終わり、9月19日にかけては、1ドル109円台まで大きくドル高円安が進んだ。

意外でも何でもない、現在のドル高円安

ここ3週間余りのドル円の動きについて、メディアでは「急激な円安である」などと解説されることが多い。ただ、「ドル高円安」は、日米の金融政策の違いを踏まえれば予想されたことであり、最近の相場の動きに、筆者は意外感を感じない。

「急激な円安」にみえるのは、ファンダメンタルズがドル円の価格形成には必ずしも影響せず、かつ、この3カ月余り、歴史的なボラティリティ低下の膠着状況が続いたからだろう。すでに2014年初の時点で、110円前後へのドル高円安がコンセンサスのように予想されていたわけで、やや時間は要したとはいうものの、当初のメインシナリオがようやく実現しつつある、というだけである。

次ページこれ以上の円安は、日本経済にプラス?マイナス?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。