52歳で「朝日→ファーウェイ」に転職した男の活路

順風な会社員人生を送っていたが不祥事で一転

田島さんは朝日新聞社で、危機管理の最前線に立った(写真:筆者撮影)

2020年春、朝日新聞社の管理職だった田島幸治さん(54)は会社の希望退職募集に応じて退社した。52歳で転職したのは、アメリカの規制で窮地にあった中国の通信機器大手ファーウェイの日本法人「ファーウェイ・ジャパン」だった。

バブル期に朝日新聞社に入社し、経済記者としてキャリアを積んだ田島さんは2014年、「慰安婦報道の記事取り消し」「池上コラム不掲載」「吉田調書報道の記事取り消し」で大炎上した同社の広報部代理として、危機管理の前線に立った。一連の問題を受けて当時の社長は辞任し、朝日新聞社は窮地に陥った。

【2021年12月27日17時追記】初出時の肩書の表記を一部修正いたします。

「外部からの批判を押し戻すのも広報の手腕と思っていたが、間違いだった」と反省した田島さんは、不祥事の後始末が一段落した後に広報のスキルを一から学び、次第にセカンドキャリアを意識するようになったという。

記者から広報に

田島さんは慶応大学を卒業後、1992年に朝日新聞社に入社。記者時代は経済畑を歩み、バブル崩壊や、ライブドアと楽天の放送局買収騒動を取材した。

【2021年12月27日17時追記】初出時の表記を一部修正いたします。

新聞記者は40代で「デスク」と呼ばれる管理職に就き、取材現場を離れるのが一般的だ。その後、一部が総局長・支局長と呼ばれる地方拠点のトップや本社の部長に昇格し、50歳前後で多くが関連会社も含めた編集以外のポストに移っていく。田島さんは福岡でのデスクを経て、佐賀総局長を務めた後、2014年4月に47歳で広報部次長に就任した。

「総局長までやったし、まずまずの会社員人生だと受け止めていました」と田島さん。広報経験はなかったが、新聞記者は企業や行政の広報担当者との付き合いが多く、「そこまで忙しくない部署だし、私も会社も、見よう見まねでできると考えていました」

しかしそれは大きな間違いだった。

次ページ問題が続出
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT