「何でも電話vsいつもメール」どちらが正解なのか 「迷惑」「気持ちがわかる」「時間泥棒」結論は?

印刷
A
A

「電話のメリット」としては、以下のようなことがあります。

【1】その場で相手の意志を確認できる
【2】相手の声色で、感情を読み取れることがある
【3】気持ちが伝わりやすく、相手との距離を近づける
【4】電話での会話によって、孤独感を癒やすことができる
【5】記録を残さずに情報を伝えられる

実際に、「メールでのセールスよりも、電話でのセールスのほうが10倍成果を出しやすい」などといった研究もあり、「肉声」のほうが信頼感を得やすいと考える人も少なくないようです。

一方、「電話のデメリット」は以下のようなことがあります。

【1】電話をかけた側の都合で、かけられた側の時間が一方的に奪われてしまう
【2】電話の呼び出し音などの心理的圧迫感
【3】資料の添付ができず、複雑な案件などを説明しにくい
【4】やりとりの記録が残らない
【5】不在着信の場合、かけ直すなどの手間がかかる

それぞれに、メリットとデメリットを勘案して判断していくしかないということになりそうですが、電話をかける際には以下の点に考慮が必要です。

●機密性や緊急性、また親密な会話など「電話でなければならない要件」かどうか
●相手が「電話を嫌がらない人」かどうか
●「電話をする了解」が事前に必要かどうか
●電話とメール、どちらが「目的」を達成しやすいか

年代や職場等の属性、関係性、日ごろの習慣など、人によって、電話への許容度はまったく違います。

「電話をかける前には、相手の了解が必要だ」と考える人は確実に増えており、あまり親しくない人に、いきなり電話をかけることのリスクは高いことを認識しておいたほうがよいでしょう。

コミュ力の極意は「ツールの使い分け」

「コミュニケーションの極意」は、「相手が受け止めやすいボールを、受け止めやすいタイミングで投げること」です。

自分が投げやすい球を一方的に投げるスタイルでは嫌われてしまいます。相手が「どんなスタイルのコミュニケーション」を望むのかをしっかりと把握し、配慮する気遣いが求められているのです。

「気軽に電話も許されないとは世知辛い」と思う人もいらっしゃるかもしれません。なかなか会えない時代だからこそ、オンライン会議やメール、メッセージといった「デジタルツールでのコミュニケーション」においても、より気持ちが伝わりやすくする一層の工夫が必要ともいえます。

「対面」や「電話」などを必要に応じて、組み合わせる「多様なコミュニケーションツールの最適な使い分け」ができる人だけが、「コミュニケーションの達人」になれるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT