「何でも電話vsいつもメール」どちらが正解なのか 「迷惑」「気持ちがわかる」「時間泥棒」結論は?

✎ 1〜 ✎ 56 ✎ 57 ✎ 58 ✎ 最新
拡大
縮小
「電話」と「メール」、はたして、どちらに合理性があるのでしょうか? (写真:tkc-taka/PIXTA)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。
たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。
その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた! 「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は15万部を突破するベストセラーになっている。
コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「『何でも電話vsいつもメール』どちらが正解なのか」について解説する。

デジタルツールが広がる一方で「電話連絡」を好む人も

直接会わなくても、「ズーム」などのオンライン会議で済ませられようになり、「メール」「LINE」などのチャット、「Facebook」のメッセージアプリで事足りるなど、人々のコミュニケーションツールは広がりを見せています。

『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ちょっとした連絡なら、デジタルツールを使って行うほうが便利で早くて、楽ちん。そうしたツールの便利さに慣れてしまった私は、すっかり「電話回避派」になりつつあります。

しかし、スマホ上でメールやさまざまなメッセージアプリを通じて、ほぼリアルタイムでコミュニケーションがとれる時代に、「電話での連絡を好む人」も少なくありません

「電話をいきなりかけてくるのは、失礼であり、時間の搾取である」という言い分と「電話のほうが意思疎通しやすく失礼がない」との考え方がありますが、はたして、どちらに合理性があるのでしょうか

次ページ「電話で話したい」とメールが入ったが…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT