「大企業は新規事業に向いてない」を覆す条件3選

スタートアップにはできないやり方で成功できる

アフターコロナで、新規事業開発を加速させる、組織のあり方を考えます(写真:Fast&Slow/PIXTA)

アフターコロナにおいて次の事業の柱をどう創るか、がホットだ。特に大企業ではその傾向が顕著だが、一方でなかなか成果が出ない会社も多い。

この連載の一覧はこちら

新規事業部門から目立った成果は出ず、ビジネスコンテストは形骸化。事業開発人材は社内調整に疲れてしまい、大企業では事業開発はできないと、あえてスタートアップ企業へ就職する若者も増える一方だ。チャレンジングな環境を求めている人たちにとって、残念ながら大企業は新規事業に挑戦しにくい環境に見えてしまっているのだろうか。

もちろん、「大企業」だからと乱暴にくくるべきではないのだが、実際、多くのスタートアップ企業に比べれば、強固な基盤を持っているはずの大企業で、なぜ、新規事業が生まれにくいのだろうか?

ビジネスコンテストをやるだけでは意味がない

私の経営するエッグフォワードが新規事業支援の実務を重ねる中で、よく耳にするのが、「ボトムアップでアイデアを表出する機会をつくっているのに、なかなかいい事業案が出てこなくて……どうしたらいいでしょうか?」という声。新規事業アイデアの社内公募や、ビジネスコンテストと銘打ってイベントを開催する企業も増えているが、回を重ねるうちに尻すぼみになっていないだろうか。

確かに、新規事業になりうるアイデアの種を探すという意味では、役職や職種を問わず、多くの人から意見を募ることが有効だ。だからこそ、運営側は盛り上げる意味で、「1人1アイデアの応募必須」「部門ごとにエントリー数のノルマを課す」といったやり方を取るところもあるが、往々にして、強制しても逆効果になるだけだ。

気をつけるべきはイベントそのものを目的化しないこと。新規事業コンテストは通常の業務とは趣が異なるため非日常感もあるし、経営や普段交流のない部門と話すチャンスもあるので、参加者にも一定の満足感はある。なんとなく成功した気になってしまうからこそ、その先の展開まで考えられていない場合が多い。

次ページ事業化を実現している企業は巻き込み方や全体設計がうまい
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT