DeNA「400億円赤字」の先に見えぬ反転戦略

ゲームで巨額減損、期待の新事業も手放す

ディー・エヌ・エー(DeNA)は上場来初の赤字に転落。創業者の南場智子会長と守安功社長は今後3カ月間、そろって役員報酬の半額を自主返納する(撮影:尾形文繁)

次なる「飯の種」が見つからぬまま、ディー・エヌ・エー(DeNA)が巨額赤字に落ち込んだ。

DeNAは2月5日に発表した2019年4~12月期決算(国際会計基準)で、主力のゲーム事業を中心に493億円の減損損失を計上し、同期間の営業損益が441億円の赤字に転落した(前年同期は85億円の黒字)。売上高は前年同期比3.7%減の911億円だった。

守安功社長は決算説明会の場で、「業績予想は開示していないが、通期でも赤字になる見込みだ」と語った。赤字となれば2005年2月の上場以来初となる。守安社長と創業者の南場智子会長は今後3カ月間の役員報酬の月額50%を自主返納する。

ゲームの大型新作がことごとく不発に

「今年度は有力なゲームタイトルをいくつか仕込んでおり、ゲーム事業(の収益)を反転させることを目指していた。だがそれらが出そろっても思うようなヒットにつながらなかった」。守安社長はこのタイミングでの減損の理由をそう説明する。

493億円の減損のうち、ゲーム事業はその大半の480億円を占める。内訳は、2010年に買収したアメリカのngmoco社ののれんが約400億円、残りの約80億円がゲーム事業のソフトウェア資産だ。ngmocoはすでに2016年に解散していたが、これまで減損は実施していない。DeNAが採用している国際会計基準のルールに沿って、今回ゲーム事業自体の稼ぐ力が低下していることを受けて減損の判定をした際に対象になったという。

実際、ゲーム事業は売上高、利益ともに減少トレンドから抜け出せていない。2019年4~12月期は同事業の売上高が601億円(前年同期比4%減)、営業利益が89億円(同33%減)と、収益性の悪化が目立つ。これに関して守安社長は、「期待した新規タイトルで期待ほどの売り上げが出ず、開発やマーケティング、インフラの費用がかさんだことで赤字となった。既存の減衰と新作の赤字がダブルパンチとなった」と説明する。

最大の誤算は、株式会社ポケモンと共同開発し、2019年8月に配信を開始した「ポケモンマスターズ」だ。ゲーム内のバグや運営面でのトラブルが相次いだほか、ゲーム内のレベルに関する設計やコンテンツ量が十分でなく、配信直後からセールスランキングで落ち込んだ。

次ページ強力なキャラクター活用でも不発
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT