SHOWROOM「前田裕二」は今何を考えているのか

「脱DeNA」で新メディア企業に生まれ変わる

前田裕二社長は「SHOWROOM事業はこのままでは頭打ちになると思った」と危機感をのぞかせる(撮影:鈴木紳平)
AKB48グループをはじめとするアイドルグループやタレント、声優、お笑い芸人などが参加するライブ配信サービス「SHOWROOM」。誰でも配信が可能なのが特徴で、視聴者が配信者へ送るプレゼント「ギフティング」(投げ銭)から収益を得ている。。
2013年にディー・エヌ・エー(DeNA)社内で事業を開始し、2015年に分社化。現在は330万人が会員登録しており、約27万人の配信者を抱えている。
そのSHOWROOMは2019年11月、電通やニッポン放送など7社から資金を調達したことを発表した(金額は非開示)。調達した資金を使い、プロの作品だけを集めた「短尺動画メディア」とラジオのような「音声メディア」を展開する予定だ。短尺動画メディアは2020年3月のサービス開始を目指している。
2019年12月に開かれた新規事業発表会で、前田裕二社長は「今まで(食事中や電車など)すき間時間ではインスタグラムやTikTokなどアマチュアの短尺動画を見ている人が多かった。ここにプロが作った短尺動画を届けたい」と発言。既存のSHOWROOM事業とはまったく異なる新規メディアを立ち上げる。
ライバルであるTikTokやインスタグラムにどう対抗していくのか。前田社長にインタビューした。

配信者の行動は想定外だった

――事業開始から6年以上経ちますが、この間を振り返っていかがですか。

思った通りだったことと、そうではないことがある。思った通りだったのは、ファンが少ない配信者でもSHOWROOMの舞台で頑張れば、確実にファンが増えたということだ。それによってSHOWROOM事業を収益化できた。

しかし、想定外だったのが、ファンが増えた配信者がSHOWROOMで発信し続けることに満足できなかったこと。トップユーチューバーのヒカキンさんでもテレビに出演する。自分のパフォーマンスを少しでも多くの人に知ってほしいという人は少なくない。SHOWROOMの次のステップとして、配信者がテレビや映画、雑誌、ファッションショーなどを目指すようになったのは想定外だった。

――テレビ番組のスポンサーとなり、パフォーマーを紹介する番組を放送しています。同時に、テレビのレギュラーMCのオーディションなどもSHOWROOM上で行っています。

配信者がSHOWROOMで配信したいというモチベーションを上げるためには、テレビや映画、ファッションショーなど出演者が憧れる媒体が効果的だ。しかし、SHOWROOMはそれを保有していないため、予算を用意し、スポンサーになっている。

だが、SHOWROOMのビジネスを模倣している競合は多く、今はメディアの奪い合いになっている。売り上げは変わらないのに、メディアへ支払う広告金額が増え、利益率が下がっていく。もう1~2年、メディア枠を奪い合うやり方もあるが、上場を見据えるのであれば、きちんと利益を出していく必要がある。このままでは事業拡大の余地を狭めてしまうと思った。そのため(メディア枠の買い付けを)やめるなら今だなと思った。

次ページユニコーンになるために必要なこと
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。