日本とフランス「ピル」への考え方はこんなに違う コロナ禍には処方箋なしで買えるようになった

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 最新
拡大
縮小
コロナ禍で、経口避妊薬(ピル)が処方箋なしで、薬局で購入可能になったフランスでは、カップルが避妊費用を折半することもめずらしくないという(写真:fotostorm/iStock)
フランスに住む日本人女性のくみと、日本に住んだ経験を持つフランス人男性のエマニュエルが日本とフランスの相違点について語り合う本連載。今回はフランスが、コロナ禍に経口避妊薬(ピル)を処方箋なしで、薬局で購入できるようにしたという話から、フランスと日本の避妊薬に対する考え方について語り合いました。

1970年代からピルの使用が広がった

くみ : 前回(フランス人の「消費行動」が劇的に変わった事情)は、コロナ以降のオンラインサービスや宅配サービスなどの多分野への浸透について話したよね。その中に、医療のオンライン化についても触れたけれど、私が思い出したのはフランスでは基本的な女性の権利と強く結びついている経口避妊薬(ピル)の話。

この連載の一覧はこちら
 

2020年3月にロックダウンが開始したとき、緊急時を除いて病院にも行かないように、というのも政府が伝えていたけれど、ピルについては処方箋なしで、薬局で買えることになったのよね。こういう緊急事態でもいかに政府がピルを重視しているかがわかって大きな安心感に繋がったのを覚えている。当時その発表を聞いてどう思った?

エマニュエル:特に驚きはなかったかな。1970年代初めから行われている避妊政策の延長という感じで、いたって普通のこととして扱われていたから。フランスでは、ドイツやイギリスなどと同様、1970年代当時は、違法で危険な中絶の数がかなり多かったために、女性の望まない妊娠の恐怖から解放することを目的としてピルの使用が普及していった。

保険での払い戻しが適用され、1974年以降は両親の承諾なしに未成年であっても使用が認められている。くみが言った今回の緊急事態でのピルの政策も、コロナによる社会変化への適応ということになるのだと思う。

実は、フランスではピルの使用は、2000年以降は低下傾向にあるんだ。2000年代初めに約60%の女性がピルを使用していたのに対して、2016年では36%にまで下がっている。ピルに代わる避妊方法として近年増えてきているのは、避妊リング(IUD)だ。

ピルの使用が低下した原因は、2012年に若い女性が第三世代避妊用ピルを服用したことにより、静脈血栓塞栓症を発症したとして製薬会社に対し訴訟を起こしたことが発端となり、避妊の安全性がメディアで論争されるようになったことがある。

次ページ若い人ほどピルの使用率が高い
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT