フランス人女性が男に「割り勘」を求める理由

本当のレディファーストとは何なのか

フランス人男女が基本「割り勘」の理由とは?(写真:encrier/iStock)
米ハリウッドの大物プロデューサーが長年にわたってセクハラ行為を行っていたという報道を皮切りに、世界中でセクハラ行為に異を唱える「#MeToo」運動が広がり続けています。日本でも、現役財務事務次官によるテレビ局社員へのセクハラ行為をめぐる報道が世間を賑わせるなど、セクハラという言葉を見ない日はないほどです。
こうした中、異性との接し方に悩む人もちらほら。はたして、男女平等社会における理想的な異性との接し方はあるのでしょうか。本連載では、日本生まれで現在、フランスに住む佐々木くみと、日本に住んだ経験を持つフランス人、エマニュエル・アルノーが、フランスと日本、男と女の違いなどについてざっくばらんに語り合います。

フランスの#MeTooはかなり過激

エマニュエル: フランスでも、 #MeToo運動の広がりはとても大きくて、女優や報道・政治・企業などの各界の多くの女性たちが賛同している。ちなみにフランスでは、#MeTooではなく#balancetonporc(豚野郎を告発せよ)という少し過激な表現を使っているんだ。そのこともあって、カトリーヌ・ドヌーヴをはじめとする何人かの女性が、あまりにもこの運動は攻撃的でむやみに告発をうながすおそれがあると言い、男性には女性を「口説く権利」があると表現したんだ。

この連載の一覧はこちら

くみ : 私も #MeTooではなく、フランスでは #balancetonporc を使うと聞いて、なんとなくしっくりこなくて使いづらかったわ。ドヌーヴが異論を唱えたときも、日本では「ドヌーヴが#MeTooに反対」と大きく報道されたのよね。

ドヌーヴはもっと別の主張をしていたのに、そこがすっかり抜け落ちて、単に反対という部分だけがクローズアップされてしまっていたのも、何か意図的なメディア操作だったのかしらと思った記憶がある。フランスではその後、メディアの誤報を見たドヌーヴが「自分が言いたいのはそういうことじゃない」とすぐに反論したけれど、日本はそれっきりだったのでは。

エマニュエル : フランス人の間でもドヌーヴたちの意見には賛否両論で、どうしても口説きとセクハラの境界というのが受け手によって大きく変わってしまうものなので、いまだにこの議論は続いているよ。

次ページフランスでもレディファースト廃止の声が?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。