日本とフランス、会議の目的は大違いだった

フランスの会議が「カオス状態」な深い理由

会議の場で発言をしないと悪印象を持たれるフランスと、入念に準備された資料のある日本の会議には違いがあるが、その会議の役割自体にも違いがある(写真:zoranm/iStock)
日本で目下、最も熱い議論が交わされているといってもいい働き方改革。日本人は本当に働きすぎなのでしょうか、それとも、仕事の仕方や効率性に問題があるのでしょうか。今回は、フランスに住む日本人女性のくみと、日本に住んだ経験を持つフランス人男性のエマニュエルが、日本とフランスの働き方について語り合いました。

エマニュエル:僕は何年か前に日本でいくつかの日本企業で働いたことがあるんだけれど、その時、最初に気づいたことはフランスと日本での職場での会議のやり方の違いだったなぁ。

くみ:……というと?

喫茶店で雑談しているようなラフさ

エマニュエル:このやり方の違いが、日本とフランスの働き方の違いをよく表しているなと感じたんだよね。日本では、10人くらいがテーブルを囲んで静かに座っていて、社員全員の前には厚みがあり、とても丁寧で入念に準備された資料が置かれている。そしてその資料を基に1人が話し、そのほかの社員がそれを聞き、会議中にはあまり誰も議論はしない。これが、僕が日本で参加した初めての会議の印象なんだ。

この連載の一覧はこちら

一方、フランスの会議の印象は、やたらクーラーのきいた会議室に4、5人が楽な姿勢でテーブルの周りに集まっていて、資料を用意してくる人なんてほとんどいない。持参するのはメモ代わりの紙やノートぐらい。会議中はどこかの喫茶店で雑談でもしてるぐらいのうるささで、いつもハッキリした結論が出ないまま終了する、というそんな感じだね。

くみ:さすがに、少し誇張しすぎじゃない? あと、会社にもよるとは思うけれど……。

エマニュエル:うん、確かにこれはちょっとオーバーに記憶されているとは思うんだけど、でもフランスと日本の仕事のやり方の大きな違いが表れていると思わない?

たとえば、会議での資料だけど、これは日本ではほぼ必須なんじゃないかってくらいみんな用意するのに、フランスでは資料なんてプラスアルファでしかないんだ。それに資料を全然用意しないことは別に悪印象でもないし、むしろ「この人すごい、全部の資料が頭に入ってるんだ!」とよい印象すらもたれることもある。

次ページフランスで会議が果たす役割
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。