「差額ベッド代」はいくらあれば足りるのか

医療保険「1日1万円の入院給付金」の妥当性

大部屋よりも個室のほうが療養にはいい?(写真はイメージで本文とは関係ありません)

「もし病気で入院することになったら、いったいどのくらいのおカネが必要になるのだろう?」

漠然とではあっても、万が一の事態を想像したことのある人は少なくないだろう。入院中の費用で最も負担が大きいのが「差額ベッド代」だ。個室や少人数の部屋など特別な療養環境を求めると、その部屋代金は公的保険の対象外で別途請求され(感染のおそれがあるなど医師に個室を指示された場合を除く)、全額自己負担になる。これが差額ベッド代である。

「大部屋よりも個室を」というセールストーク

医療保険で入院給付金を「日額1万円」や「日額5000円」で掛けておくのは、この差額ベッド代を賄うことを想定してのことだ。「大部屋だと、『隣の人のいびきがうるさくて眠れない』なんてことがあります。できれば個室がいいですよね」。ある保険ショップではこんな説明を受け、日額1万円程度の保障があったほうがよいと勧められた。

差額ベッド代は一般的に1人部屋がもっとも高く、2~4人部屋なら安くなる。厚生労働省・中央社会保険医療協議会のデータ(2012年7月末時点)によれば、1日当たり平均額は5820円だ。一方、病院や部屋によっては、かなりばらつきもある。

もっとも高い差額ベッド代はなんと1日36万7500円(12年時点、消費税5%込み)。まるで海外の要人が泊まる超高級ホテルのスイートルームのような金額設定なのである。

これは福岡県北九州市にある小倉記念病院の特別室の1つである。「メディカルツーリズム(居住地とは異なる国や地域で医療サービスを受けること)を推進する一環として、2010年の新築移転に伴って設置された」(同院広報)という。

次ページいったいどんな人が使うのか…
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。