「先進医療特約」の割に合わないカラクリ

確率で考えれば、月100円しない理由がわかる

医療保険やがん保険には「先進医療特約」があります。特約とは主契約につける特別な契約で、特約のみの契約はできません。このうち先進医療を受けたときに支払われる特約は月100円もしないものが多いのです。たとえば楽天生命保険が7月に発売したばかりの「楽天生命ガン診断プラス」の先進医療特約は、年齢にかかわらず一律で月82円です。同社の医療保険「楽天生命ピンポイント」でも同じです。

がん保険のセミナーに行くと、がんの先進医療は300万円前後かかることが強調されます。重粒子線治療や陽子線治療です。先進医療特約では通算1000万円まで、かかった金額を保障するのが珍しくありません。最近では同2000万円まで保障するというような特約も出てきています。

わずか月100円足らずの掛け金で、通算1000万~2000万円を保障できる――。このケタの違いの大きさは何なのでしょうか。何か「カラクリ」がありそうです。

がんになって先進医療を受ける確率は0.02%

先進医療を受ける確率はどのくらいなのでしょうか。がん患者は年間約80万人(2010年)です。がん関連の先進医療の実施件数は7420件(10年7月~11年6月)ですから、割り算をすると約0.9%となります。

ただし、これはがんになった人のうちで先進医療を受ける確率です。がんにならない人もがん保険に入るわけですから、先進医療の患者数2万0665人(12年7月~13年6月末)を国民全体(13年で約1億2700万人)で割るとわずか0.02%です。

先進医療のうち陽子線治療は1件258万円、重粒子線治療は303万円ですが、がんの先進医療はほかにもあります。ワクチン療法なら89万円、そのほかのがんの先進医療は19万円とか27万円など、陽子線・重粒子線に比べると安価なものもあります。がんの先進医療の平均単価は98.4万円です。

次ページ「期待値」で考えてみると…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT