フランスで医療保険が売れない理由

日本人は保険に入りすぎなのか

パリの街では銀行の看板に保険を意味する「asuurances」の文字を目にできる

経済格差を取り上げた著書『21世紀の資本論』が世界中で反響を呼んでいるトマ・ピケティ教授に会う(週刊東洋経済7月26日号「中間層への警告」にインタビュー記事を掲載)ため、フランスの首都パリに数日間滞在していた時のこと。日本にいる副編集長からメールが届いた。

「8月に保険特集をやる。フランスの保険事情を探ってきてくれ」。

「相変わらず、無茶ぶりだなぁ……」と思ったが、運良く再保険(保険会社が加入する保険)大手、スイス・リーのパリ支社で話を聞くことができた。オペラ座から徒歩15分ほどの場所にある、まるで美術館のようなおしゃれな建物だ。

フランスは保険の銀行窓販「先進国」

実はフランスでは、保険の約6割が銀行で売られている。日本では2007年に保険の銀行窓販が全面解禁されたが、フランスでは1970年代に開始。日本よりもはるかに長い歴史を持つ。

実際、パリの街を歩くと、銀行の看板に「assurance(保険)」の文字が書かれているのをしばしば目にする。この銀行の保険窓販は「銀行(banque)」と組み合わせた造語で「バンカシュランス(bancassurance)」と呼ばれる。

フランスの銀行で売られているのは貯蓄性の保険だ。死亡保険・医療保険など、万一に備えるための保障性の保険はマイナーな存在で、保険代理店など別の販売ルートで売られている。

「フランスでは保険を貯蓄と結びつけて考えるのが一般的」と、スイス・リーのライフ&ヘルス担当・ピエール-イヴ・ル・コール氏は話す。「死亡保障などの保障がついている貯蓄性の保険というものは、ほとんどない」(同)。

次ページフランスと日本で違う保険の加入事情
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。