フランスで医療保険が売れない理由

日本人は保険に入りすぎなのか

「フランスでバンカシュランスが主流なのは、驚くべきことではない。銀行の取り扱う貯蓄商品の一部が、フランスでは『保険』と呼ばれているだけのこと」と海外の保険事情に詳しい国内生保OBは解説する。

日本人は月10万円以上の保険料を払う人も

一方、日本人は生命保険や医療保険、がん保険などをいくつも加入している人が少なくない。月10万円を超える保険料を払っているような人もいる。

そこでル・コール氏に尋ねてみた。「日本では保険に入りすぎている人がいます。フランスでも同じようなことは起こっていますか」。すると、ル・コール氏は首をかしげた。「あなたの言っている意味がよくわかりません。何が問題なのですか?消費者団体が怒っているのでしょうか?」

「日本では保険会社がテレビCMをたくさん流しています。それに影響されて、本当は必要でないのに、保険に入ろうと考える人もいるようです。『がん保険』も人気ですよ」。そう話すと、「テレビCMは、フランスでは主要なマーケティングツールではないですね。手紙や電子メールなどのダイレクトマーケティングが主流です」との答えだった。

さらに「フランスには『がん保険』はありません。民間の『医療保険』という商品もあまり普及していません。公的な医療保険が手厚いからです。がんのような重病の場合、そう認定されれば国が全額おカネを出してくれますよ」(ル・コール氏)ということだ。

「愛の証し」「社会人のたしなみ」――。日本では、こうした情緒的な言葉で表現されることも少なくない保険。ところがフランスでは、民間の保険はあくまでもドライな金融商品でしかないようだ。

週刊東洋経済2014年8月30日号(8月25日発売)の特集は「保険のウソとホント」です。
消費増税がじわじわと家計を苦しめる中、消費を手控えるにも限度があります。それよりは保険料を見直すほうが簡単かもしれません。特集では54ページにわたって、その術を徹底伝授します。⇒詳しい目次・購入はこちらから
 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。