安い保険を徹底的に探してみた

「定期死亡保険」では熾烈な価格競争が起きている!

安い保険という観点では日本最大の価格比較サイトであるカカクコムもリアル店舗に参入している(撮影:梅谷秀司)

安い保険を徹底的に探してみました。厳密に「何歳ならこれ!」とはやらず、「業界最安水準」のものばかりを集めました。

最も比較しやすいのは、一定期間に死亡すると保険金が出る「定期死亡保険」です。死亡保険金が1000万円で、保険期間や保険料の払い込み期間がどちらも10年のもので比べてみました。

「数円」「数十円」の違いしかない

比較しやすいだけに価格競争が激しいようで、各社とも数円とか数十円の違いの商品を次々に出してきています。5月ごろだとライフネット生命保険の「かぞくへの保険」が業界最安水準でしたが、その後にメディケア生命保険がライフネットより少しだけ安い定期死亡保険を発売しました。

メディケアのメディフィット定期だと月々の保険料が、20歳男性が1008円、30歳男性が1214円、40歳男性が2351円、50歳男性が5361円です。ライフネットが1027円、1230円、2374円、5393円ですから、少しずつ安い感じがおわかりと思います。女性だとメディケアが20歳590円、30歳876円、40歳1530円、50歳2883円。ライフネットは641円、896円、1547円、2890円。まさにデットヒートです。

これらとほぼ変わらないのは楽天生命保険の「楽天生命ラブ」、アクサダイレクト生命保険の「カチッと定期2」、オリックス生命の「Bridge(ブリッジ)」です。60歳くらいになるとオリックスが最も安そうです。

次ページ非喫煙ならもっと安い保険が
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。