安い保険を徹底的に探してみた

「定期死亡保険」では熾烈な価格競争が起きている!

非喫煙者で健康に自信がある人だと、これら5社よりも安い定期死亡保険があります。リスク細分型と呼ばれる商品で、メットライフ生命保険の「スーパー割引定期保険」が有名です。

画像を拡大
チューリッヒ生命「定期保険プレミアム」の価格表

ただ、チューリッヒ生命保険の「定期保険プレミアム」のほうがおおむね安いようです。チューリッヒで「非喫煙優良体」だと月々の保険料は男性が20歳950円、30歳1050円、40歳1720円です。50歳ではメットライフのほうが安くて3860円。上述のメディケアと比較してもリスク細分型のほうが安そうです。

チューリッヒは、血圧が上が120以下、下が80以下で非喫煙者だと加入できます。メットライフは上が135以下、下が85以下で、かつ体重に規定があります。たとえば身長170㎝の男性なら体重が51~76㎏、身長160㎝の女性なら43~67㎏といった具合です。

海外の保険料はまだ安い

ただしこれらはあくまでも国内だけを見た話です。海外に眼を向けると、米国の保険の保険料は日本の安い保険と比べても半分くらいです。ということは、熾烈な競争を続けているとはいえまだコップの中の嵐。まだまだ下がる可能性があるということかもしれません。

週刊東洋経済2014年8月30日号(8月25日発売)の特集は「保険のウソとホント」です。
消費増税がじわじわと家計を苦しめる中、消費を手控えるにも限度があります。それよりは保険料を見直すほうが簡単かもしれません。特集では54ページにわたって、その術を徹底伝授します。⇒詳しい目次・購入はこちらから
 
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。