安い保険を徹底的に探してみた

「定期死亡保険」では熾烈な価格競争が起きている!

非喫煙者で健康に自信がある人だと、これら5社よりも安い定期死亡保険があります。リスク細分型と呼ばれる商品で、メットライフ生命保険の「スーパー割引定期保険」が有名です。

画像を拡大
チューリッヒ生命「定期保険プレミアム」の価格表

ただ、チューリッヒ生命保険の「定期保険プレミアム」のほうがおおむね安いようです。チューリッヒで「非喫煙優良体」だと月々の保険料は男性が20歳950円、30歳1050円、40歳1720円です。50歳ではメットライフのほうが安くて3860円。上述のメディケアと比較してもリスク細分型のほうが安そうです。

チューリッヒは、血圧が上が120以下、下が80以下で非喫煙者だと加入できます。メットライフは上が135以下、下が85以下で、かつ体重に規定があります。たとえば身長170㎝の男性なら体重が51~76㎏、身長160㎝の女性なら43~67㎏といった具合です。

海外の保険料はまだ安い

ただしこれらはあくまでも国内だけを見た話です。海外に眼を向けると、米国の保険の保険料は日本の安い保険と比べても半分くらいです。ということは、熾烈な競争を続けているとはいえまだコップの中の嵐。まだまだ下がる可能性があるということかもしれません。

週刊東洋経済2014年8月30日号(8月25日発売)の特集は「保険のウソとホント」です。
消費増税がじわじわと家計を苦しめる中、消費を手控えるにも限度があります。それよりは保険料を見直すほうが簡単かもしれません。特集では54ページにわたって、その術を徹底伝授します。⇒詳しい目次・購入はこちらから
 
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。