「学生からウケがよい」インターンシップTOP10社

2年連続首位のニトリが支持される理由とは

学生から評価が高いインターンシップを実施する企業の特徴は?(写真: kou/PIXTA)

新卒採用のメインイベントは2つある。1つは、言うまでもなく3月1日からの採用広報の解禁だ。大規模な説明会、個別企業の説明会が実施され、就活サイトからのエントリーが始まり、4月に入ると面接もぐっと多くなる。

もう1つのイベントは、インターンシップ。3年生の夏に始まって翌年まで続き、採用につながることも多い。学生の多くも採用直結型のインターンシップを歓迎している。

このインターンシップが一気に増加したのは、採用選考開始が4年生の8月1日に設定された2016年卒採用からだ。そこまで採用日程を後ろ倒しにできない企業の多くが3年生の夏にサマーインターンシップを開いた。2014年8月のことだ。

以来、8年間、インターンシップが開かれ、プログラムが洗練されてきた。また、昨年は混乱気味に登場したオンラインでのインターンシップだが、今年はオンラインのメリットを生かすインターンシップの評判がいい。

どの企業の評価が高い?

どのような企業のインターンシップが評価されているのかを検証してみたい。何が学生の気持ちを引きつけたのだろうか? 使用するデータは「印象の良かったインターンシップ」の調査結果だ。基となるデータは、HR総研が「楽天みん就」会員対象に、2021年3月と6月に実施した「2022年卒学生の就職活動動向調査」である。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

今回の調査は「インターンシップで印象の良かった企業」を1社挙げてもらう設問だが、この数年で大きな変化がある。まずメガバンク系が消え、生損保系が目立つ。エアライン系の2強であるANAやJALは常連だったが、コロナ禍による業績悪化によって今回の調査では消えた。代わって目立つようになったのは楽天グループ。インターネット関連サービスを展開し、携帯電話事業にも進出、知名度を高めているからだろう。そして、最も目立っているのがニトリだ。

次ページ印象がよかった上位10社は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT