企業を成長させる秘策は「高校新卒人材の採用」だ

大卒と高卒の「仕事のできるできない」の差はない

大卒者と高卒者、仕事の「できる」「できない」の差はなくなってきている (写真:metamorworks/PIXTA)

20世紀における、仕事が「できる」「できない」の差は、「情報」を取れるかどうか、「知識」「スキル」があるかどうかの差で生じてきました。それが大卒者と高卒者の大きな差となって表れていました。

高卒と大卒の情報、知識の差はなくなっている

「情報の差」については、大卒者であれば、周囲に同じ境遇の大卒の友達が多く、その分幅広い情報を手に入れることができました。一方で、高卒者は周りの半数以上がブルーカラーに就いており、情報が取りにくかったものです。しかし21世紀以降は、どんな情報でもGoogleで検索し、SNSで入手できるようになりました。むしろ情報「過多」の世界になっており、大卒者でも高卒者でも取れる情報の差はなくなっています。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

「知識の差」も同様です。IT社会の発達によって知識もデータ化され、人に頼らないものとなっています。そのため、大卒者と高卒者の間で格差がなくなっています。パソコンの自動化やAI化が進み、専門的な知識・言語が必要とされてきた行政書士や税理士、弁理士などの士業でさえも、今後「AIやロボットによる代替可能性の高い職業」と言われています。

データ化・AI化は、知識量の差を埋め、職業の在り方すらも変化させています。一方で、「技術力・スキルの差」はもちろん生まれます。しかしこれは学歴には関係なく、ポテンシャルや経験で差がつくものです。仕事が「できる」「できない」は情報、知識での差はつきにくく、技術力・スキルはその人次第である。つまりそこに、大卒だから、高卒だからという学歴差は存在しません。

次ページ会社にとって「新卒」は欠かせない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT