病を抱える人の「コロナ不安」を鎮める3ステップ

気を紛らわせる、今に集中する、などが大事

がん患者さんが抱えるコロナ不安の対処法について、精神腫瘍医が解説します(写真:kei.channel/PIXTA)
病気になる。しかも、それががんのような重い病気だったとしたら――。病気や治療に対する不安な気持ちや、うつうつとしたやりきれなさを抱える、そんながん患者に寄り添ってくれるのが、精神腫瘍医という存在です。
これまで4000人を超えるがん患者や家族と向き合ってきたがんと心の専門家が、“病気やがんと向き合う心の作り方”を教えます。今回は「がん患者と新型コロナウイルス感染症」がテーマです。

 

最近、診察室に来る患者さんが異口同音に唱えるのが「新型コロナへの不安」です。不安とは「不確実な脅威に直面した場合に惹起される感情」と定義され、がんも、コロナも「こうすれば大丈夫」という答えはありません。

子ども二人を育てる肺がん女性の不安

水戸部ゆう子さん(47歳、SNSユーザー名)も、大きな不安を抱えた患者さんでした。記事に役立ててほしいと、コロナ禍での不安を手紙に託してくれました。

水戸部さんは小学生と中学生の子どもがいる主婦で、進行した肺がんと診断を受けてから3年が経っています。幸いにも抗がん剤治療が功を奏して、病気の進行は抑えられており、進歩したがん治療の恩恵を受けていることを実感されていました。

この連載の一覧はこちら

ところが、コロナ禍になって「気持ちが落ち込む日も増えた」そうです。以前から「抗がん治療が効かなくなってがんが進行したらどうしよう」という不安をお持ちでしたが、コロナ禍はその不安をはるかに増幅させていたのです。

特に大きな影響を受けたのは、昨年春、がんの罹患経験がある女優が亡くなったニュースでした。

「自分のようながん患者がコロナに罹患したら、命取りになるのではないか」という懸念が頭の隅にいつもあり、また、「コロナに罹患したら抗がん剤治療を中断しなければならないのではないか、せっかく自分に合った治療法が見つかったのに、それができない間にがんはまた息を吹き返すのではないか」という心配も重なっていました。

次ページ人込みのなかでは命の危険さえ感じるほど
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT