「できていた事ができなくなった」自分を許せるか 「病気でも前向きな人」に共通する自己肯定感

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小
病気などで、今までできていたことができなくなったら……。今回は「自分を許せるか」がテーマです(写真:プラナ/PIXTA)
病気になる。しかも、それががんのような重い病気だったとしたら――。病気や治療に対する不安な気持ちや、うつうつとしたやりきれなさを抱える、そんながん患者に寄り添ってくれるのが、精神腫瘍医という存在です。
これまで4000人を超えるがん患者や家族と向き合ってきたがんと心の専門家が、“病気やがんと向き合う心の作り方”を教えます。今回のテーマは「今までできたことができなくなったとき、自分を許す勇気を持てるか」です。

先日、担当医からの紹介で、吉田恵理さん(仮名、52歳)が私の外来を受診されました。

乳がんの手術後、再発予防を目的に抗がん剤治療を受けていた方で、治療が終わったのは半年前。「体が重い感覚が続き、気持ちも晴れない」と、ふさぎ込んでいた恵理さんを担当医が心配して、腫瘍精神科の受診を勧めたそうです。

この連載の一覧はこちら

診察室に入ってくるやいなや、「もっとがんが進行して大変な人もいるだろうに、自分なんかのために時間をとっていただいて、すいません」と頭を下げる吉田さん。私は「とんでもありません。どうぞ遠慮しないで今日はいろいろと話してください」と話し、今の恵理さんの状況について、いくつか質問しました。

そこでわかったのは、治療が終了した後も体調がもとに戻らず、家事が十分にできない自分が情けない。家族に負担をかけて申しわけないといったことでした。

家事ができなくなった自分が情けない

同席した夫の和夫さん(仮名、54歳)は妻の訴えを聞いて、「この人はすごく自分に厳しいんですよ。焦らずにゆっくりやればいいよって、私も娘も言っているんですけどね。以前みたいにきびきびと動けないことが、もどかしいみたいです」と付け足すと、恵理さんは、「私は、自分の家がきれいになっていないと、気が済まないんです」と言います。

そして、「夫や子どもの健康のために、きちんと食事を作ることが私の大切な仕事。でも、今は体がだるくて、床にほこりが落ちていても、掃除機をかけようという気力がわかない。自分はどうなっちゃったんだろう、そういう自分が情けないんです……」と言葉を続けました。

私はそんな恵理さんに、「ずいぶんと今の自分を責めておられるのですね。しかし、申しわけないというのは、自分に非があるときに使う言葉です」と話し、そのうえでこうもお伝えしました。

次ページ「申しわけない」と思う必要はない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT