「がんばり過ぎる人」ほど長生きできない理由

ある日、パニック障害に陥った仕事人間の告白

なぜ人生には「がんばらない時間」が必要なのか?(写真:den-sen/PIXTA)
48歳の頃、突然「パニック障害」に襲われた医師で作家の鎌田實さん。人生の一大事を機に「人間、時にはがんばらない時間も大切」と思えた理由とは? 新書『ミッドライフ・クライシス』より一部抜粋・再構成してお届けします。

ぼくは48歳の頃、パニック発作に襲われた。

当時、患者さんを実際に診るのが好きだった。院長をしながら、往診も続けた。往診の途中で突然動悸が激しくなり、冷や汗が出て、突然胸が苦しくなった。

「あまり気がすすまないな」「嫌だな」とどこかで思っている会議などに出ていると、この動悸発作に襲われた。

自律神経の乱れだ。自律神経は全身に張り巡らされており、心臓や血管、胃腸、ホルモンの分泌、汗腺などに意思とは関係なく、生命活動を保つために働いている。

活発に活動する時には交感神経が優位に働き、リラックスする時には副交感神経が優位になる。そうすることでバランスを取っているのだ。

中年になった時、このバランスが不安定になる。ホルモンの影響が関係していて、更年期に多くなる。

だるい、頭が重い、手足の痺れや痛み、腰痛、肩こり、下痢や便秘、動悸、血圧上昇、立ちくらみ、不安やイライラ、これがいわゆる自律神経失調症の症状だ。

免疫力にも関係している

自律神経は免疫機能にもかかわっている。がんばる交感神経が刺激されると、細菌と闘ってくれる顆粒球が増え、風邪や肺炎になりにくくしてくれる。

がんばらない副交感神経が働くと、リンパ球を増やし、ウイルスに対する抗体を作り、排除する働きをしてくれる。同時に、自然免疫の一種でがん細胞を攻撃してくれるNK細胞ががんを予防してくれるのだ。

新型コロナウイルスとの闘い中でも、上手に副交感神経の時間をとることがとても大切だ。イライラや怒りっぽくなって交感神経優位にしないことも大事なのだ。中年になると、仕事の責任が重くなっていく。結果として交感神経支配に偏って、がんばり過ぎることになる。だからぼくは、52歳の時、『がんばらない』(集英社)という本を書いた。ベストセラーになった。

がんばり過ぎると、顆粒球が発生する活性酸素が悪さをしたり、リンパ球の働きを抑えるため、がんが発生しやすくなったり、血圧を上げたりするのだ。

次ページ54歳で無実の罪で逮捕された女性
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT