働かないオジサンが「ヒラを生きる」極意

「自ら役職を降りる」選択は正しいのか

名刺に書いてある役割以外ではどうか? と聞くと、カフェ、民宿などをしながら、半農・半自給がしたいそうだ。ただ、家族の扶養などを考えると簡単には決断できないことはわかっているという。どうも半農・半自給も、こがれの域を出ていないように見受けられた。

引き続き話をしていると、T氏と私とに、ある共通点があることに気がついた。本多信一さんという人に相談に行っていたことだった。

本多信一さんは、1971年に現代職業研究所を設立したコンサルタントで、職業選択や仕事に関する多くの著作を持つ。私は、自分の今後の進み方について相談した。一方、T氏は、本多さんが執筆した『内向型人間だからうまくいく』『「内気」だから成功できる!』(ともにPHP研究所)などの、「内向的な人」「内気な人」に向けた本に興味をもって、相談に行ったそうだ。本多さんの本は、必ず購入したという。また「内向的」「内気な」というフレーズのある本が出版されれば、今でも必ず書店で目を通すそうだ。

「やりたいこと」を探すコツ

本多さんの話をしているときに、T氏の表情がイキイキしていた。そこで私は、本多さんに関心を持ったことから考えてはどうかと提案した。具体的なキーワードは、「内向的」「内気」なサラリーマンである。

「何をしたいか」を考えるときに、自分が「なぜかこだわってきた」ことから探すのは、ひとつの手である。「自分の適職は何か?」「何が好きか」と、答えを自分の外に求めるよりも、自分がこだわってきたことを振り返ったほうが、うまくいくことが多い

そして、そのこだわりは、好きなことというより、むしろ悩みや挫折的なことのほうが良い。悩みや挫折を、次のステップに向かうきっかけにした人は少なくないからだ。

わざわざ連絡を取って、本多さんや私に相談に来ることを考えても、T氏自身がそれほど内向的だとは思われない。それでも「内向的」「内気」ということにこだわってきたのであれば、そこに何らかのヒントが隠されていると思うのである。

T氏は、私の話を聞きながら少し考え込んでいた。

読者の方がT氏にアドバイスするとすれば、どのように語りますか?
① T氏の「自分から降りる」という考えについてはどう思いますか?
② T氏から「これからどうすればいいだろうか」と聞かれたら、あなたはどのようにアドバイスしますか?
twitterでご意見を募集します。ハッシュタグ「#働かないオジサン」をつけて、呟いてください。皆さんの意見を聞いたうえで、またこの問題に戻って考えてみたいと思っています。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。