教えて!わくわくさん「仕事の夢中」の見つけ方

30年以上工作に没頭、久保田雅人さんに聞いた

「わくわくさん、仕事の夢中ってどうしたら見つかるの?」30年以上工作に没頭する久保田雅人さんに聞いてみた(写真:『エンジニアtype』)
この記事の画像を見る(8枚)
幼少期、学生時代……誰しも時間を忘れて何かに没頭した経験があるはず。仕事にも同じくらい夢中になれたら、すごい力を発揮できそうなのに。そんなエンジニアたちのモヤモヤした気持ちを解消するべく、業界内外の「夢中人」から研究者まで、幅広い取材で特集する。

わくわくさんが歩む夢中の人生

今の自分は、仕事に「夢中」になっているか。それとも「ほどほど」にこなしているか……。改めて自分に問うと、自信を持って「夢中」と言えないことに、なんとなく後ろめたさを感じているエンジニアは多いのではないだろうか。

本記事は『エンジニアtype』(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

オタクと言わんばかりに仕事にのめり込む周囲のエンジニアを見て、「自分もあんなふうに夢中になりたい!」と思っているのなら、あの“わくわくさん”の言葉を聞いておいて損はないはずだ。

わくわくさんこと久保田雅人さんは、1990年から2013年まで続いたNHKの番組『つくってあそぼ』のメインパーソナリティー。ゴロリとの軽妙な会話から生まれる楽しい工作は、23年に渡って子どもたちを魅了し続けてきた。エンジニアの中にも、『つくってあそぼ』や子どもの頃の工作を通じてものづくりの楽しさや喜びを知った人は多いのでは?

そんな久保田さん。「とにかく人生を夢中で生きてきました」と満足げに語るが、最初から夢中だったわけではなかったという。元劇団員の久保田さんは何がきっかけでわくわくさんになり、夢中の人生を歩むことになったのか?  “夢中の権化”、わくわくさんの世界にようこそ。

(写真:『エンジニアtype』)
久保田雅人さん
1961年生まれ。NHK Eテレで1990年から2013年まで放送された工作番組『つくってあそぼ』にわくわくさんとして出演。番組終了後も「工作の伝道師」として活動を続けており、全国の幼稚園や学校を回っている。
公式YouTubeチャンネル:わくわくさんの工作教室
次ページ「真剣に夢中になった者だけが生き残れる」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT