「パラリンピックの名付け親」の超意外な正体

アスリートたちの活躍はまだまだ終わらない

パラリンピックの「名付け親」の意外な正体とは?(写真:Getty/NurPhoto)
この記事の画像を見る(2枚)

コロナ下での開催に反対世論が噴出していた上に、開幕直前には複数の関係者が過去の言動を問題視され、辞任・解任が相次ぐなど、騒然とした中での強行開催となった東京オリンピック。

しかし、蓋を開けてみれば、開会式のテレビ視聴率が驚異の56.4%(世帯平均視聴率/関東地区。個人視聴率も驚愕の40.0%)。その後もサッカーや柔道、卓球など世帯視聴率25%超・個人視聴率15%超の中継を連発。世帯視聴率15%・個人視聴率8~9%が高視聴率の目安とされている現在の日本のテレビ界にとっては“大成功”に終わった大会と言わざるをえません。

また選手たちも、金メダル(27個)・総メダル(58個)の日本代表獲得数が、いずれも史上最高を達成。無観客とはいえ、国内開催であった地の利を活かし、大成功を導き出した大会でもありました。

ですが、まだ「東京2020」は終わっていません。8月24日には、いよいよ東京パラリンピックが開幕。オリンピックと比べると、残念ながら注目度では劣るパラリンピックですが、過去の日本選手たちの活躍度はオリンピック代表に劣ることは決してなく、大いにメダルラッシュが期待できる大会でもあるのです。

パラリンピックの起源は?

現在のオリンピック競技大会が始まったのは、1896年。フランスの教育者であるピエール・ド・クーベルタンの提唱により、ギリシャの首都・アテネで第1回大会が開催されています(ちなみに、今回の東京オリンピックは第32回大会)。

その後、1924年にはフランスのシャモニー・モンブランで第1回冬季オリンピックもスタート。来年2月開幕予定の中国・北京大会が第24回となります。こうしたオリンピックの歴史は、しばしばクイズ番組の問題にもなったりしますよね。

対して、パラリンピックはいつから始まったのでしょうか? こちらをご存知の方は意外に少ないのでは。

その歴史を紐解く上で最重要人物は、ルートヴィヒ・グットマンという方です。彼は1899年、ドイツ北東部のトストという小さな町(現在はポーランドのグリヴィツェ郡トセク)で生まれたユダヤ系ドイツ人。

パラリンピックの父、ルートヴィヒ・グットマン(写真:Bettmann/Getty)

ライプツィヒ大学卒業後、脊髄損傷治療を専門とする医師となりましたが、ドイツ国内でナチスによるユダヤ人迫害が徐々に顕著になっていたことを恐れ、1939年、40歳のとき、イギリスへ亡命。そして1944年には、ロンドン郊外に設立されたストーク・マンデビル病院の脊髄損傷センター所長に就任します。

次ページなぜパラリンピックが生まれたのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT