これは便利!iPhoneからWindowsを操作する技

複雑な設定不要で無料の「Chrome拡張機能」

iPhoneやiPadからWindowsのパソコンにアクセスする方法を紹介する(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

iPhoneやiPadを使いながら、仕事でWindowsを併用している利用者は少なくない。シェアを考えれば当然で、iPhoneはスマホの半数前後のシェアを占めているのに対し、StatCounter Global Statsによると2021年7月のデスクトップOSシェアはmacOSが15.4%とWindowsに比べて低い数値になっている。iPhoneやiPadとMacはシームレスに連携するため便利なのは確かだが、スマホはiPhone、PCはWindowsといった組み合わせのほうが実態に近いと言えそうだ。

一方で、WindowsのPCにしか入っていないアプリや、WindowsのPC内に入れたままになっていたファイルにiPhoneやiPadからアクセスしたいときもあるだろう。後者のケースはiCloudなどのクラウドサービスと完全に同期を取っていればいいが、ローカルにファイルを残しておいたままになっていると手も足も出ない。そんなときのために、iPhoneやiPadから直接Windowsを操作できるようにしておきたい。

方法は複数あるが、Windowsにリモートアクセスできるアプリを入れてしまうのが手っ取り早い。また、法人や個人事業主などのビジネス用途限定だが、8月3日から、クラウド上に置いたWindowsにリモートでアクセスして利用する「Windows 365」というサービスもスタートした。こうした機能やサービスを使えば、iPhoneやiPadでWindowsを直接操作できる。その方法を紹介していこう。

Chromeの拡張機能で自宅のPCに簡単アクセス

リモートデスクトップとは、ネットワーク経由して遠隔でPCに接続するWindowsの機能のこと。OS標準の機能ではあるが、「Windows 10 Pro」のみで、家庭用の「Windows 10 Home」は非対応だ。VNCと呼ばれるアプリを使って、リモートデスクトップのようにWindowsを遠隔操作するケースもある。ただし、いずれもIPアドレスの設定などが少々複雑で、ルーターの設定変更が必要になるケースもある。より手っ取り早く無料で使えるのが、グーグルの提供するChromeリモートデスクトップだ。

Chromeリモートデスクトップは、その名のとおりChromeの拡張機能。ブラウザーにインストールしておけば、同じGoogleアカウントでログインしている端末から簡単にWindowsを操作できる。Chromeと銘打たれてはいるものの、Windows 10に標準で搭載されるブラウザーのEdgeにもインストール可能だ。アクセスする側のiPhoneやiPadには、AppストアからChromeリモートデスクトップのアプリをインストールしておけばいい。

次ページiPadからパソコンにアクセス
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT