「Windows 11」が挑むグーグルとの真っ向勝負

6年ぶり大刷新、アプリストアはアマゾンと提携

オンラインでの発表会見に登壇したパノス・パネイ最高製品責任者。コロナ禍でPC端末の重要性が高まっていることを強調した(写真:マイクロソフト)

「Windows(ウィンドウズ) 10」は最後のウィンドウズではなかった。

アメリカのマイクロソフトは6月24日、6年ぶりに大幅刷新したパソコン(PC)向けOS(基本ソフト)「ウィンドウズ11」を発表した。今年後半から対応するPCで無料アップデートが行われる。

2015年のウィンドウズ10発表当時、同社は「これがウィンドウズの最後のバージョンとなる」と述べていた。数年に1回の大幅刷新ではなく、ウィンドウズ10という名称のまま、開発のサイクルを早めて年2回の機能更新を行う方針としていた。

だが今回、マイクロソフトは前言を撤回し、新たなバージョンを打ち出した。それだけウィンドウズが変化したことを世界中に印象づける必要があった。

時価総額は一時2兆ドルを突破

背景にはコロナ禍でテレワークが浸透し、PC市場での競争が再び過熱したことがある。アメリカの調査会社・ガートナーによれば、2020年の世界のPC出荷台数は前年比4.8%増の2億7500万台となり、過去10年で最大の伸び幅だった。

「(コロナ禍の)過去1年半でPCは仕事や勉強、人とのつながりを強める重要な役割を果たした」。マイクロソフトのパノス・パネイ最高製品責任者は発表会見でそう語った。ウィンドウズ11への期待から、同社の株価も大きく値を上げ、発表当日の6月24日には終値ベースで初めて時価総額が2兆ドルを突破した。アメリカのアップルに続く快挙となる。

ウィンドウズ11ではテレワークを意識した機能の刷新が目立つ。まずビデオ会議・チャットソフトの「チームズ」はOSの基本機能となり、ユーザー自らインストールをする必要がなく、タスクバーのアイコンをクリックするだけですぐ起動できるようになった。

従来タスクバーの左端に位置していた「スタートメニュー」はバーの中心に移動した。ここからスマートフォンなど別の端末で直前に編集した「ワード」や「エクセル」などのファイルを表示でき、PCだけでなくクラウド上にあるファイルも簡単に扱えるようにした。

次ページウィンドウズのシェアは縮小傾向
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT