グーグルも重視する職場の「心理的安全性」とは

「解決策は」と聞く上司に決定的に欠けた視点

経営者やリーダーのなかには「答えがすべてそろっていないなら問題を持ってくるな」という態度の人も。チームメンバーの創造力を最大限に引き出すにはどうしたらよいか(写真:Jiangsihui/PIXTA)
たとえ新型コロナによる緊急事態下であっても、職場ではつねに「問題解決」や「アイデア」「新たな取り組み」が求められる。そんなとき、チームメンバーの創造力を最大限に引き出すにはどうしたらいいだろうか。優れたアイデアをたくさん生み出す組織の特性を明かした『Unlocking Creativity――チームの創造力を解き放つ最強の戦略』から一部を抜粋・編集してお届けする。

数年前、グーグルは成果の低いチームと優れた成果をあげるスターチームの調査に着手した。部分の単なる総和ではなく、それ以上の成果をあげるチーム作りはできないか、と考えたのである。

この人員分析プロジェクトの担当者たちはまず、社内180のチームに関するデータを集めた。そのうち115はエンジニアリング、65は営業のチームだった。社員調査の結果を精査し、社員との面談も何百回と実施した。

グーグルの社内調査でわかったこと

その結果何がわかったか。担当者は次のように説明する。

『Unlocking Creativity――チームの創造力を解き放つ最強の戦略』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

「完璧なチーム作りは、アルゴリズムによるところが大きいと思っていました。グーグルはアルゴリズムが大好きですから。スター社員を適切な数だけ見つけて彼らでチームを組ませればあら不思議、ドリームチームのできあがり!となるとばかり思っていました。

ところが、現実はまったく違うと明らかになりました。調査の結果、成果に真に影響を与えるのは、チームに誰がいるかではなく、チームメンバーがどのように協力し合うかであることがわかりました」

スター選手だけを集めても、優れたチームになるとは限らない、というのである。

もちろん、グーグルは群を抜いて聡明な人材を雇うことに力を入れてきた。つまり、高等教育機関の上位校でのリクルート活動を積極的に行ってきたということだ。

ところが自身の調査の結果、グーグルの優秀なチームの特性は個々の才能ではないとされた。では、いちばん重要なのは何か?

人員分析チームは、最高のパフォーマンスを発揮できるチームに見受けられる要素を5つ特定した(Google Partners, ”Google’s Five Keys to a Successful Team” )。そのなかでもとりわけ重要なのが、心理的安全性の状態だという。

次ページ病院の医療スタッフチームの場合は
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT