サイボーグ化で「究極の愛」貫く科学者の思考回路

ネオヒューマンが示す「万物を支配する愛の力」

愛を貫くため、自らをサイボーグ化したピーター・スコット‐モーガン博士。彼の思考と哲学は、どのようなものなのでしょうか(画像:metamorworks/PIXTA)
イギリスのロボット科学者であるピーター・スコット-モーガン博士は、全身の筋肉が動かなくなる難病ALSで余命2年を宣告されたことを機に、人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きる未来を選んだ(詳しくは「人類初『AIと融合』した61歳科学者の壮絶な人生」参照)。
「これは僕にとって実地で研究を行う、またとない機会でもあるのです」
彼はなぜ、そんな決断ができたのか。ピーター博士が自らの挑戦の記録として著わし、発売直後から世界で話題騒然の『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』がついに日本でも刊行された。
本書を「ここから先100年の、人類にとっての1つの教科書になる」と語るのが、Kakedasを創業、CEOを務める渋川駿伍氏だ。なぜ「人類にとっての教科書」と言えるのか、解説してもらった。

万物を支配するエネルギーとしての愛

『ネオ・ヒューマン』は、「愛」という大きなテーマが1つの柱になっています。ピーター・スコット-モーガンさんは、真に重要な宇宙の法則は3つしかないと述べ、こう書いています。

1.科学こそ、魔法への唯一の道である。
2.人類が偉大なのは、ルールをぶっ壊す存在だから。
3.愛は――最終的に――すべてに勝つ。
(『ネオ・ヒューマン』より)

この法則に沿って、本書は3つのパートに分かれていますが、いちばん共感したのが、愛の部分でした。

『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』(画像をクリックすると、特設サイトにジャンプします)

連想したのは、クリストファー・ノーラン監督の映画『インターステラー』です。世紀末で荒廃した地球から、人間の住める惑星を探しに行くというストーリーですが、最先端の宇宙物理学や量子力学の知識をもとに、ブラックホールを映像化したことで大きな話題を呼びました。

人間が感知できるのは4次元空間までと言われていますが、物理的には11次元まで存在しているとされています。でも、その構成要素が何なのかはわからない。ノーラン監督は、そこに対する回答として、愛というものを別次元のエネルギーの1つと解釈したのです。

次ページ愛だけが、本物の魔法を起こすことができる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT