「30代年収別」で見る仕事とプライベートのリアル

300万、600万、900万…異なるライフスタイル

企業や業界によって年収の水準が異なりますが、ライフスタイルにも差がみられます (イラスト:UKI)

年収。これほど人に聞きづらい、でも知っておきたい社会のリアルはありません。年収があればあるだけ越したことはない……と思いはしますが、地主にでも生まれない限り、年収アップは労働量や、責任の範囲が増えることを意味します。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

とはいえ、年収は新卒時点での経済状況や業界で決まる要素が強く、別業界へ転職するだけで、数百万円単位でスタンダードな年収帯が変わります。そこで今回は、主に30歳代に焦点を当て、年収別のリアルな暮らしや、どの業界にそうした年収層が多いのか、といったお話をしていきたいと思います。

なお、この記事は国税庁が発表する「民間給与実態統計調査 」(2019年分)や、就職四季報の公式webサービス「シキホー!Mine 」の各企業の平均年収の情報をもとに作りました。

サービス業や小売業の割合が多い

「30代年収300万円前後」の暮らし: 人に接する仕事が多め

サービス業と小売業の割合が圧倒的に高い……。これが30歳年収が300万円前後の層の特徴です。

このゾーンには、アパレル、美容、スーパーやコンビニの店員さんといった、普段から私達が一般顧客として接点を持ちやすい業界にいる方が多く属しています。残業時間は業界や会社によってまちまちですが、お客様への接客が優先となるために、長時間労働になることもあります。

次ページ 接客業に憧れを持つ人は少なくない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT