元アイドル作家「ギャラ交渉、赤裸々に話します」

大木亜希子×遠藤舞「仕事とファンの増やし方」

SDN48の元メンバー、大木亜希子さん(右)と「アイドリング!!!」の元メンバー、遠藤舞さんによる仕事談義。後編でもっと掘り下げます(撮影:尾形 文繁)
この記事の画像を見る(4枚)
「アイドリング!!!」元メンバーで、現在はボイストレーナーとして活躍する遠藤舞氏と女性アイドルグループ・SDN48の元メンバーで、現在はフリーランスの作家・女優として活躍する大木亜希子氏。2人ともアイドルグループ卒業後は一般企業に就職し、紆余曲折を経て現在の仕事に至った経歴を持ち、いずれも自身も絡めたアイドルのセカンドキャリアがテーマになった著書を上肢している。
「アイドルの『潰しがきかない』って本当の話ですか」(7月20日配信)に続いて、初めて顔を合わせた2人の元アイドルが仕事観について徹底的に語り合った。
(構成:岡本拓/ライター)

『アイドル、やめました』は持ち込み

大木 亜希子(以下、大木):前回は私たちが今の仕事に至るまでのことを話しましたけど、遠藤さんはボイストレーナーとして活動される一方、今年2月には著書『若いカワイイからの卒業』を発売されていますね。

遠藤 舞(以下、遠藤):noteの記事がきっかけで声をかけてもらったんです。大木さんは今年6月に文庫版として発売になった『アイドル、やめました。AKB48のセカンドキャリア』のほかにも出されていますけど、出版の経緯を伺ってもいいですか?

大木:実は『アイドル、やめました。』は持ち込みなんです。

遠藤:えー、そうなんですね!

大木:担当の編集者さんと最初にお会いしたのも、出版社とかではなく、友人の作家さんのブックイベントで。質問コーナーで「アイドルのセカンドキャリアの本を出したいです。編集者さんとつないでください」って言ったんですよ。今振り返っても超空気読めてなかったと思いますけど、やりたいことだったからできたのかなと。編集者さんも後から「気迫に負けました」って言ってくださって。

遠藤:人脈を自分で作ったんですね。

大木:そうですね。遠藤さんは人の縁をつなぐうえで、気をつけていることってありますか。

遠藤:何よりも誠実に仕事をすること。時間を守る、期限を守る、お金のこともきっちりやる。めちゃくちゃ基本的なところではあるんですけど。

大木:大事ですよね。

遠藤:あとはやっぱりバラエティー出身っていうことがあって、お会いした方をつねに笑わせようとしているような気がします。それで仲良くなっていって、お仕事をいただけることが多いですね。

次ページ芸能界は「人にお土産を渡して帰ることが大事な世界」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT