おっさんと住む元アイドルの揺れ動く「結婚観」

能町みね子×大木亜希子、「結婚」を語り合う

元SDN48の大木亜希子さん(写真左)と能町みね子さん(撮影:風間 仁一郎)
恋愛感情がいっさいないゲイの夫との「結婚」と言い張った同居生活をつづった新刊『結婚の奴』を上梓した能町みね子さん。人生に追い詰められた元アイドルによる実録私小説『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』の著者、大木亜希子さん。恋愛感情のない異性と住むという境遇の似た2人が昨年12月27日、東京・代官山の「代官山 蔦屋書店」でトークイベントを開いた。
人生を変えるような恋愛だの結婚だのは無理だが、ひとりは嫌だ――。互いにぶつけ合った人生・仕事観や恋愛・結婚観とは?

オジサンと住むことに抵抗感は?

能町 みね子(以下、能町):大木さんの新刊に登場する同居人の「ササポン」って何者なんですか?

大木 亜希子(以下、大木):58歳のサラリーマン男性で、眼鏡をかけた小日向文世さんのような人です。どこにでもいる、電車の中で目の前に座っているような50代男性です。ルームシェアがはやっていた1990年代後半ごろ、8歳上の姉がもう1人のルームメイトと3人でササポンと同居しており、姉からの紹介で住むことになりました。

能町:オジサンと住むことに、抵抗はなかったんですか?

大木:自分は誰かと住んで人間らしい生活をすることが必要であると感じたのです。それまで芸能界でしか生きてこなかったので、会社員として働けば、キラキラOLになれるのではないかと思っていました。3年間必死に働いたのですが、ある日突然コップの水があふれたかのように、地下鉄のホームで歩けなくなり、精神科に通うことになったのです。

能町:私はOL時代に過呼吸になったことがあります。自分の限界が来ていることに気がつかずに、ある日突然、来たんですよね。

大木:会社を辞めてお金がなくなり、今さら芸能界に戻ることもできないけど、生活していかなければならない中で、家賃が半分になるというササポンとの生活は、直感的に「もうこれしかない!」と思いました。

能町:よく飛び込みましたよね。でもお姉さんの紹介なら安心ではあるのかな。

大木:まさか自分がオジサンと暮らすことになるなんて思ってもみませんでしたが、そうせざるをえない状況だったんです。次に引っ越しするときは誰かと結婚するときだと思い込んでいました。

能町:確かに私も20代のとき、結婚願望はありましたね。でも、それは好きな人と結ばれたいというより、「結婚」という形式が欲しかったから。結婚していないと一人前じゃないという刷り込みがあって、意地でも結婚したいと思ってました。

大木:30代になるとその気持ちは消化されるものですか?

能町:30代前半では無理でしたね。とにかく法的な結婚がしたいと思って、法的に結婚してくれる人を探してました。

大木:「結婚」という手段を行使したかったんですね。

能町:でも結婚するには恋愛をしないといけないと思って、いろいろ試したんですが、結局私に恋愛は向いていないという結論に達して今に至ります。

大木さんは自分が恋愛に向いていると思いますか?

次ページ「まったく向いていないと思います」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT