乃木坂46、女性アイドルの頂点に立った必然

あのAKB48とどう差別化し、のしあがったか

いまや地上波テレビ、雑誌、ネットでは最も露出が多い。乃木坂46は、AKB48、ももいろクローバーZらを超え、日本の女性アイドルグループのトップに立った(筆者撮影)

女性アイドルグループ、「乃木坂46」の勢いが止まらない。

2016年11月に発売したシングル『サヨナラの意味』が発売初日で累計出荷101万3000枚となり、同グループで初めてのミリオン認定(日本レコード協会調べ)となった。AKB48以外では実に9年4カ月ぶりという快挙だ。これまでのシングル16作品の累計出荷枚数は1000万枚を突破。2016年末のNHK紅白歌合戦でも後半の紅組トップバッターを務め、卒業を発表している人気メンバーの橋本奈々未をセンターに、ワインレッドのドレスに身を包んだメンバーたちが初ミリオンとなった同曲を歌い、精彩を放った。

乃木坂46は2011年8月、AKB48が人気の絶頂期を迎えていた、まさにそのときに結成された。AKB48の「公式ライバル」という触れ込みでメディアに登場。仕掛け人はAKB48の総合プロデューサーとして知られる作詞家・秋元康氏で、AKB48より人数が2人少なくても負けないという意味を込めて、46としたという。現在では、2015年に結成された「欅坂46」と併せて、「坂道シリーズ」と称されている。

大魚を逃したソニーが「リベンジ」

実は2005年12月に立ち上げたAKB48がインディーズ期を経て最初に契約していたのは、ソニーミュージック(ソニー・ミュージックエンタテインメント〈SME〉傘下会社の総称)だった。SME傘下だったデフスターレコーズに所属し、2006年に『会いたかった』でメジャーデビュー。以後、2008年の『桜の花びらたち2008』まで8枚のシングルを出し、ヒットチャート上位に食い込んでいった。

ところが、同シングルCDの販促方法をめぐって返品、返金などのトラブルが発生。また秋元氏から次々に繰り出される、斬新なアイデアとそのスピードに当時のソニーミュージック側の体制が追いつかず、両者協議のうえで2008年10月に契約を終了した。AKB48は同年にキングレコードに移籍。翌2009年の『RIVER』以降は、チャートで連続1位を更新し続ける、国民的アイドルグループに成長を遂げたのである。

「逃がした魚は大きかった」――。

次ページ当初はAKB48の”シャドー”だった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT