ヒロシ「ピコ太郎さん的売れ方は結構大変」

「再ブレークはしたくない」と思うワケ

今「再ブレークはしたくない」とのこと。その真意とは?
上昇志向はよいことですが、それを強制されるとしたらつらいことです。しぶしぶそれを続けていたら、疲れてしまう人がいても当然でしょう。
2014年に厚生労働省から発表されたうつ病などの「気分障害」の患者数は、推計111万6000人。頑張っても評価されない、仕事の責任が大きい、などさまざまな理由が考えられるようです。そんな背景にも、「できる」「成果を出し続ける」ことが負担になっているということがあるかもしれません。
しかし、芸人のヒロシさんはそんな価値観とは距離を置いています。「月収●万円」という世界から、「●千万円という世界」まで見てきたヒロシさんは、日めくりカレンダーのベストセラーに続き、本も執筆中とのことで、目下「再ブレーク」がうわさをされていますが、本人は、今「再ブレークはしたくない」とのこと。
そんなヒロシさんに、「ほどほどでよし」の生き方を聞きました。

世界ブレークはきっと疲れる

僕は、まだブレークする前、1カ月7万円だけで東京で生活していたのです。信じられますか? 毎月いくらの家賃で生活していたんだろうという話ですよね。

一番売れていた時の月収は4000万円。今は、税金や社会保険などをとられて手取りで月収60万円くらい。大企業の課長さんくらい、という感じでしょうか。

結構、国に取られてます。自分が大変だったときは、パンもくれなかったくせに、ですね。

これだけ金額に差があると、元に戻りたいでしょう、という方はいるかもしれませんが、そんなことは思わないんです。

次ページおカネはほどほどあれば、いい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT