ヒロシ「ピコ太郎さん的売れ方は結構大変」

「再ブレークはしたくない」と思うワケ

今「再ブレークはしたくない」とのこと。その真意とは?
上昇志向はよいことですが、それを強制されるとしたらつらいことです。しぶしぶそれを続けていたら、疲れてしまう人がいても当然でしょう。
2014年に厚生労働省から発表されたうつ病などの「気分障害」の患者数は、推計111万6000人。頑張っても評価されない、仕事の責任が大きい、などさまざまな理由が考えられるようです。そんな背景にも、「できる」「成果を出し続ける」ことが負担になっているということがあるかもしれません。
しかし、芸人のヒロシさんはそんな価値観とは距離を置いています。「月収●万円」という世界から、「●千万円という世界」まで見てきたヒロシさんは、日めくりカレンダーのベストセラーに続き、本も執筆中とのことで、目下「再ブレーク」がうわさをされていますが、本人は、今「再ブレークはしたくない」とのこと。
そんなヒロシさんに、「ほどほどでよし」の生き方を聞きました。

世界ブレークはきっと疲れる

僕は、まだブレークする前、1カ月7万円だけで東京で生活していたのです。信じられますか? 毎月いくらの家賃で生活していたんだろうという話ですよね。

一番売れていた時の月収は4000万円。今は、税金や社会保険などをとられて手取りで月収60万円くらい。大企業の課長さんくらい、という感じでしょうか。

結構、国に取られてます。自分が大変だったときは、パンもくれなかったくせに、ですね。

これだけ金額に差があると、元に戻りたいでしょう、という方はいるかもしれませんが、そんなことは思わないんです。

次ページおカネはほどほどあれば、いい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。