おっさんと住む元アイドルが得た「最高の天職」

元SDN48大木亜希子、女子の共感を呼ぶ生き方

元SDN48のメンバーで現在はフリーライターの大木亜希子さん(撮影:梅谷 秀司)
最近、歩くたびに金属音がカチャカチャ鳴ってうるさいと思ったら、ヒール先端に打ち込まれた小さなネジが露わになり、もうボロボロである。しかし私は剥げた部分を黒いペンで塗りつぶし、颯爽と見栄えを整える。
深呼吸、深呼吸、精神集中。今日もいける。私は可愛い。
仕事に向かうため、扉をあけた途端に、ふと玄関横に設置した姿見に自分が映った。
アイドル時代からおよそ20キロ肥えた胴体、そしてそこから太々しく生えた首。
丸太のような寸胴が、寂しげにこちらを向いている。
将来の不安を打ち消すために、終業後は合コンに繰り出しては、ロボットのように笑顔を振りまく日々。いつか王子様が迎えにくるはずだ。早いところ結婚して、この終わりのないゲームから逃げ切ればよい。
(大木亜希子著『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』より)

彼女が重ねた「ノルマ飯」の呪縛

ノルマ飯――。男性と出会い、食事をして、恋人候補者の手札を増やしていく行為のことを、大木亜希子(30歳)はそう呼んでいた。自分にノルマを課して、「適齢期」までに結婚できるように必死で調整する。それはかなうことなく人生の伴侶は一向に得られない。会社を辞め、金銭的にも追い込まれた彼女は、とうとう貯金残高が10万円を切ってしまう――。

現在はフリーライターであり、かつてAKB48の姉妹グループとして活動したSDN48の2期生だった元アイドルの大木は、自身2冊目となる新著『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』をこの11月末に上梓した。

書名のとおり、「仕事なし」「彼氏なし」で人生に追い詰められた元アイドルが、ある日駅のホームで突然、足が動かなくなったことをきっかけに、姉の紹介で赤の他人のおっさんである通称「ササポン」(58歳)と暮らす日常を描いた実録私小説だ。先行したウェブの連載を含めてSNSを中心に話題を呼んでいる。

「ありのままの、裸の、絶対に格好付けない言葉で私が代弁することで、それに救われる人がいると思うのです」

12月初め、インタビューに応じた大木は新刊に込めた心情を打ち明けてくれた。

もちろん“若い独身女子とおっさんの同居生活”を追った興味深いドラマとして面白く読めるが、本質はそこにはない。華やかな世界に身を置いた元アイドルが、「魂を削る」と言ってもいいほどの力強い言葉で、赤裸々に包み隠さず“人には話せない失敗談”や“自分の本音あるある”を露わにしている。

誰もが抱きながらも普通は口にはしにくい仕事や人間関係、恋愛などに対する葛藤や苦悶に立ち向かう1人のアラサー女子の生き方。彼女と近い世代の女子からすれば、自分にも起こりうるかもしれない。そこに共感が重なるのだ。

次ページライター歴5年の彼女が続けて2冊の著書を刊行
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング