おっさんと住む元アイドルの揺れ動く「結婚観」

能町みね子×大木亜希子、「結婚」を語り合う

能町:私は、そんなふうに思ったことはないけど、周りの友人には結局専業主婦になっている人が意外と多くいます。仕事を楽しそうに頑張っていた人が、旦那さんの転勤などの都合であっさり仕事を辞めて家庭に収まる姿を見ていると、正直ちょっと引いてしまうんですよね。正しいとか間違いとかではなくて、あんなに仕事熱心だったのにさみしいな……って思いがあります。アイドルでもそういうのがあるんですね。

大木:ありますね。限りなく自然に、そうなりたいと思っていました。

「この人と向き合いたいな」という真剣な恋愛をしたとき、結果うまくいかなくて、そのショックの反動で、より婚活を頑張ろうと思い、どんどん渦の中に突き進んでいってしまったんです。

能町:失恋で本当に凹んだ経験が私にはまだないんです。「この先、絶対あるよ!」って周りの人に言われることはあるんですけど。

根拠のない「そのうち、出会えるよ」

大木:わかります。「そのうち、そういう人に出会えるよ!!」となんの根拠もなくそういうこと言ってくる人いますよね(笑)。

能町:「現れなかったときに誰が責任とってくれるんだよ、そんな保証ないでしょ?」って。それで、私にはもうそういうことは起こらない、ということにしようと一旦決めたんです。

「女の幸せは結婚」なのか?(撮影:風間 仁一郎)

大木:その決断をしたのはおいくつのときですか?

能町:その考えがサムソンさんと暮らそうという計画につながるので、38歳ころですかね。

大木:お話聞いていると、希望が湧いてきました。

能町:ええっ、それでいいんですか!?

大木:もちろん運命の人に出会えてスタンダードな恋愛をして結婚することには憧れますが、能町さんが、「運命の人に出会うのはもう無理!」と決めて、いま幸せに暮らしていることが、とても救いになります。

能町:それは有難いです。「女の幸せは結婚」という「常識」をもういい加減潰したいと思っていて。「女の幸せ=結婚」って、いまだに言われている気がします。

この言い方、女にしか言わないですよね。一般論として、「男の幸せ=○○」というフレーズには決まったものがあまりないじゃないですか。

『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』(祥伝社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

大木:そうですね。みんな自由に生きているイメージがありますね。

能町:「女の幸せ=結婚」ではないので、そこを潰していかないと、みんながんじがらめになってしまうと思います。

本人たちが「結婚しました」と言い張ったら、それはもう「結婚」でいい、というように、「結婚」という言葉を意味のないものにしたいと思っています。例えば女同士・男同士で住んでいてもいいし、その2人に恋愛関係がなくてもいい。なんなら3人以上でもいい。

新刊の『結婚の奴』というタイトルも、「結婚」という言葉の意味をわからないものにしたい、という想いも込められています。「奴」という字は、憎い奴だけど嫌いになれきれない対象、みたいな意味で使うし、「奴隷」の「奴」でもありますし(笑)。

大木:アンチテーゼを感じますね(笑)。

能町:反逆心はありますね。

ササポンとの生活は幸せ度でいうと100点満点中何点くらいですか?

次ページ大木亜希子の答えは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT