30年後、日本は「明るい廃墟モール」だらけ!? ピエリ守山に学ぶ、失敗するモール・成功するモール

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小

全国のショッピングモール、総ピエリ化の恐れ

「商圏人口」と「回遊性」──。これがショッピングモールの成否を分ける。

おばあちゃんの原宿「巣鴨」には高齢者がたくさんいるが……

しかし、これからの日本は加速度的に少子高齢化が進み、人口が減少していく。つまり、日本という商圏に人がいなくなる。

急増する高齢者には、巨大モールをぐるぐる回遊するだけの体力、気力がないだろう。街で見かける、杖をついて歩くようなお年寄りは、巨大モールではほとんど見かけない。せいぜい子どもや孫とフードコートで食事をしている程度だ。

もともとショッピングモールの中心ターゲットは、20~30代のファミリー層であり、高齢者向けのテナントがほとんどないのも原因である。けれども、今の20~30代はネットで買い物をすることに慣れているから、将来、年を取って足腰が弱くなったとき、ショッピングモールに行かなくなるかもしれない。昨今、「ファミリー世帯」が減り、「単身世帯」も増えている。

となると、30年後、40年後、全国のショッピングモールが総ピエリ化し、日本中が「明るい廃墟」だらけになってしまう恐れがある!?

それを防ぐには、ショッピングモールを徐々に高齢者向けに変えていかねばならない。本来、単身高齢者こそ、1カ所ですべてが賄える店や日常的な娯楽を求めているはずだ。過疎化が進み、食料品や生活必需品の購入にすら困っている「買い物難民」も大勢いる。

一人暮らしのお年寄り (写真:読売新聞/アフロ)
高齢者の生活をサポートするロボット

そこで提案したい。ショッピングモールに高齢者向けのテナントを誘致したうえで、動く通路にする、電動車椅子で移動できるようにする、あるいはロボットに“乗って”、一緒におしゃべりしながら買い物できるようにする。

エスカレーターの昇降時は、高齢者が転倒しないように十分な注意が必要だが、適度な緊張と運動は心身の健康によさそうだ。万が一のときも、病院が併設されているモールなら安心だ。

いっそ最上階に高齢者用マンションや老人ホームを設置してはどうか。毎日が「いきいきパラダイス」になる。

上田 真緒 ライター、編集者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

うえだ まお / Mao Ueda

ビジネス誌、ビジネス書の編集者・ライター

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT