ドラゴン桜に学ぶ「東大受かる柔軟発想」の磨き方

知識量が多くても活用できないと意味がない

模試で合格の見込みがないと判断された者は専科をやめなければいけないという高いハードルを課した『ドラゴン桜』主人公の桜木建二(阿部寛)(写真:©︎TBS)
この記事の画像を見る(3枚)
現在放送中のTBS系ドラマ「日曜劇場『ドラゴン桜』」は、元暴走族の弁護士である桜木建二(阿部寛)が、偏差値が低い子どもたちを東京大学合格に導くストーリーだ。ドラゴン桜ではさまざまな受験テクニックや勉強法が紹介されるだけでなく、学びになる名言も多い。そこで、短期連載として、原作漫画『ドラゴン桜2』(講談社)編集担当で、ドラマの脚本監修も行っている現役東大生の西岡壱誠氏が、自身の経験や取材も踏まえながら、ドラマから得られる教訓について解説する。
今回は「入試問題に隠された東大の意図」について。
第1回:東大生も納得「ドラゴン桜」本質すぎる受験心得
第2回:「ドラゴン桜」見た東大生が語る「挫折の重要性」
第3回:ドラゴン桜で再確認「東大受かる思考力」習得法
第4回:ドラゴン桜でも実践!東大生は「頼る力」がすごい
第5回:本当?ドラゴン桜「性格悪い奴は東大落ちる」根拠
第6回:ドラゴン桜で理解「東大生が勉強好きになる秘密」

東大の問題は大学入試では類を見ない

6月6日に放送された日曜劇場「ドラゴン桜」第7話で、ついに東大専科のメンバーたちは東大模試を解きに行きました。

東大模試に臨んだ「東大専科」のメンバーたち(写真:©︎TBS)

東大の問題形式で出題される問題の数々に、専科のメンバーは打ちのめされてしまったわけですが、実はこの「東大形式の問題」というのはかなり特殊で、類を見ないような問題です。

今回、ドラマの中で使われた問題は僕が作らせていただいたのですが、例えば、その問題の1つはこんな変な問題でした。

次ページ問題はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT