ドラゴン桜に学ぶ「東大受かる柔軟発想」の磨き方 知識量が多くても活用できないと意味がない

印刷
A
A

その年の東大の入学式で、当時の総長の五神真先生はこんな式辞を語っていました。

それぞれ試験の手応えは如何だったでしょうか。私たちは知識の量ではなく、基本となる知識を柔軟な発想によって使いこなす力こそが大学での学びへの備えとして最も大切だと考えています。そのような期待を込めて出題させて頂きました。

東大というと、膨大な知識の量が必要でいろんな参考書を何十冊も丸暗記しないと合格できない……なんて思われがちなのですが、実はそんなことはありません。知識の量はある程度必要なのですが、そこを重視するのではなく、むしろ「知識の運用能力」を求めているのです。

例えば、猫の手の問題、みなさんはどんなことを英語で書こうと思うでしょうか? おそらく多くの人は「これは遠近法だよね」というようなことを書こうと思うのですが、遠近法って、英語でなんて言うのでしょうね?

この問題が解けたという東大生に話を聞いたのですが、多くの学生は遠近法が英語でなんていうのか知らなかった、という人がほとんどです。東大に合格するような人でも、その知識はなかったわけです。

自分の持つ知識を使って柔軟に発想する

では、どんな解答をしたのかというと、「この写真は面白い!」「猫がとてもかわいく撮れている写真だ!」というようなことを書いていたのだそうです。実際、僕も、遠近法がわからなかったので、「これは猫のフィギュアなのではないだろうか?」ということを書いて東大に合格しました。

この問題は、難しい知識を求めているのではないのです。うまく自分の持っている知識を使って、問題に対応する柔軟な発想が求められているのです。知識をたくさんつければいいということではなく、その知識をどう活用するのかを考えるということが必要になってくるわけです。

さて、ではこのような「知識を活用する能力」というのはどのように身につければいいのでしょうか。

ドラマの中で、天野晃一郎(加藤清史郎)くんは、英語を発信するユーチューバーになりました。そして普段から、英語を使って発信するということを実践していました。間違いだらけの英文でも、とにかく発信をして、とりあえず英文を作っていました。すると面白いことに、どんどん英語の成績が伸びて、今回の問題も解けるようになりました。

次ページ難しい単語を使わなくても解ける
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT