週2の通塾で最難関中学に合格続出する塾の正体

「中学受験2.0」を標榜するシグマTECHの教え方

「1期生の結果はコロナ前にICT環境が整っていたことが功を奏した部分もあると思っていますが、子どもらしい生活を犠牲にしなくても中学受験はできることを示せたのは良かったと思います」

ここで1期生の実績の背景ついて、ちょっと補足しておかなければフェアではないだろう。シグマTECHの1期生は、スクールFCの4年生が新5年生に上がる段階で説明会を行い、そこで選抜試験も実施している。要するに、1期生からある程度の学力レベルの母集団を集めることができていたのだ。それにしても、彼らのポテンシャルを十分に引き出すことに成功したのは間違いない。

学力最上位層だけに絞ったやり方ではない

「こちらも初めてですから、自宅学習が行える子どもが多い難関コースに絞って募集をしました。でも本当は、どんな学力帯でもこのやり方でやっていけると思っています。今回の経験を糧にして、今後は学力最上位層以外にも『中学受験2.0』を広げていきたいと思っています」

伊藤さんは「中学受験2.0」を自分たちの専売特許にしようとは思っていない。子どもらしい生活を犠牲にしない中学受験の実現のために、シグマTECHのやり方が参考になるならどんどん参考にしてほしいと考え、その思いを著書『オンラインを駆使した中学受験2.0』(エッセンシャル出版社)にまとめた。

シグマTECHの快挙は、大手中学受験塾を中心に形づくられてきた“中学受験の常識”を覆すための“のろし”である。シグマTECHは好条件がそろって初年度から注目されたが、知られていないだけで街中にも、大手中学受験塾とは一線を画す理念で指導してくれる中小規模の中学受験塾はある。彼らの力がもっと認められれば、中学受験のやり方はもっと多様化するはずだ。後編では、理科実験室がある小さな中学受験専門塾を紹介する。

(後編に続く)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT