「輝かしい失敗」からイノベーションが生まれる訳

「オランダ発」リスクや失敗をプラスにする方法

オランダ・アムステルダム近郊にあるリスのための屋根付きの橋と著者のポール・ルイ・イスケ氏。14万4000ユーロ(約1900万円)を投じて造られたものの、2年間で渡ったリスは1匹だけだった。これこそ「輝かしい失敗」の一例である(写真:ポール・ルイ・イスケ)
この記事の画像を見る(3枚)
「イノベーションには失敗が不可欠」と言うけれど……。では、どんなふうに失敗するのか?
今の社会は、変化のスピードが速く、ますます複雑になってきている。経済や政治でも大規模な変革が続き、過去の知恵や経験に基づく推論は通用しない。予想もしない出来事が次々と起こってくる。今までのように成功体験ばかりを賞賛し、失敗を隠そうとする風潮は不合理だ。失敗は次の成功につながる学びの宝庫である。
このたび、オランダのビジネススクールで失敗研究に取り組んでいるポール・ルイ・イスケ教授の著作『失敗の殿堂:経営における「輝かしい失敗」の研究』が邦訳出版された。本稿では、イスケ教授が、失敗を前向きに捉え、そこからどのように新たな価値を創り出す学びに変えていくのかを解き明かす。

「輝かしい失敗」が成長をもたらす

私が現在、情熱を注いでいるテーマは「輝かしい失敗」です。私たちは複雑な世界に生きているので、共に働き、共にイノベーションに励み、共に失敗し、共に学んでいくことが大切です。

『失敗の殿堂:経営における「輝かしい失敗」の研究』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

現在、私たちが暮らす世界は、スイスの機械時計のように入り組んでいるけれども解明できる構造ではありません。建物や道路など目に見えるシステム、社会や経済など目に見えないシステムなどが組み合わさり、動的に変化していく複雑系の中にいます。

そうした複雑な世界は予測不能です。これまでのように1年後、5年後、10年後の計画を立てても、途中で状況が変わる可能性があります。たとえばオリンピックにしても、10年前に東京が開催地に決まったときに、コロナ禍が起きることは誰も想像していませんでした。

私たちはこうした複雑な状況に対応していく必要がありますが、そこでは危機にも直面します。その際に重要になるのが、「アンチフラジリティー(反脆弱性)」です。これは、危機を経ることで、より強くなるという考え方です。

次ページ失敗の中には「輝かしい失敗」がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT