ポール・ルイ・イスケ
ポール・ルイ・イスケ Paul Louis Iske
マーストリヒト大学ビジネス・経済学部教授

1961年オランダ・アムステルダム生まれ。アムステルダム大学で理論物理学と数学の修士号、トゥエンテ大学で理論物理学の博士号を取得。現在、マーストリヒト大学ビジネス・経済学部教授。専門はオープンイノベーションとビジネスベンチャリング。同学内の「輝かしい失敗研究所」のCFO(最高失敗責任者)であり、変化する複雑な世界における実験と学習の重要性についての認識を高めることを目的として活動している。理論物理学者としての背景から、ロイヤル・ダッチ・シェルでは上級研究物理学者、ABNアムロ銀行では「ダイアログ・ハウス」でのイノベーション担当上級副社長を務めた経験を持つ。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT