(第14回)巨額の対外資産の極まりなく愚かな運用

(第14回)巨額の対外資産の極まりなく愚かな運用

前回、経済危機後の円高によって、日本の対外純資産に100兆円程度の評価損が発生したと述べた。これに対して、「評価損だけを見るべきでなく、これまでの収益をも見るべきだ」との意見があるだろう。そのとおりである。

対外資産が生んだ収益と対外負債のための利子支払いなどは、国際収支表で「所得収支」として記録されている。受取額は、2008年には22兆円であった。08年末の対外資産残高519兆円に対する比率を取って、単純にそれを「収益率」と考えれば、4・2%となる。この数字だけを見れば、「まあまあの成績」と言えなくもない。過去の年について同じように収益率を計算してみると、下表のB/Aに示すようになる。08年以外ではこれより低い値になるが、それでも日本国内で定期預金をするよりはましだった。

ところで、前回述べたように、08年1年間の円ドルレートの変化幅は19円であり、08年だけで対外資産の評価損が103兆円であった。そして07年夏のレート123円程度と現在のレート93円は30円程度の差がある。したがって、比例計算で求めれば、評価損は163兆円ということになる。一方、所得収支での受取額を累積すると、01年から09年の9年間で約144兆円となる。つまり、「金利差を稼ぎはしたが、評価損ですべて吹き飛んでしまった」ということなのだ。

こうなるのは、偶然ではない。「金利平価」と呼ばれる法則からの必然の結果である。これは簡単に言えば、「外国との金利差で発生する利益は、その後の為替差損で相殺される」ということだ。つまり外国為替相場が適切に機能しているなら、金利差に等しい率で為替レートが変動する。たとえばアメリカの金利が日本より年利で3%ポイント高ければ、年率3%で円高が進むのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT