(第14回)巨額の対外資産の極まりなく愚かな運用


 本連載の第9回で、「物価上昇率の差に等しい率で為替レートが変動し、その結果、購買力は一定に保たれる」という「購買力平価」について述べた。日米両国で実質金利が同じであるとすれば(同じ生産技術を使っているのだから、そうなるはずである)、これに物価上昇率を加えたものが名目金利なので、日米両国の名目金利の差は物価上昇率の差に等しくなる。したがって、金利平価は購買力平価と同じものである。

「金利差で稼いだ分が、円高で吹き飛んだ」というのは、「金利平価が結局は正しかった」ということだ。つまり、最初からわかっていたことなのである。対外資産から01年以来144兆円もの収益を上げられたのは確かにすばらしいことだったが、それは幻の144兆円だったのだ。

FX取引で海外との金利差を稼いだ人の多くは、その後の円高で儲けを失った。退職金を外貨投信にして「毎年分配金があるので好都合」と思っていた人も同じだ。これらは広義の円キャリー取引である。通常の円キャリー取引は円建ての債権なので、円高になっても貸手である日本の銀行は損失を被らない。しかし、それら以外の日本の対外資産の多くは円建てではないので、損失を被ったわけだ。

もっと賢明な対外資産の運用はなかったか

ところで、「ドル建ての債権なのだから、ドルで評価すれば損していない」という意見があるだろうと前回述べた。これはもっともな意見である。いま、原油を買うことを考えてみよう。原油はドルで取引されているので、日本の対外資産が円評価で減少したといっても、変わらぬ量の原油が買える。それはそのとおりである。しかし、もっとうまい方法で資産を蓄積していたとすれば、もっと多くの原油を買えたはずなのだ。

一般に「損した」というのは、「別のことをやっていた場合に比べて」ということである。つまり、「よりよい結果をもたらすもっと賢い方法があったにもかかわらず、その方法を採用しなかったため、最善の結果を得られなかった」ということなのである。

では、日本が富を蓄積する方法として、もっと賢い方法はあったのだろうか? 答えは、イエスである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT